資格 勉強時間 ランキングのTOPに戻る


行政書士 勉強時間

行政書士 勉強時間

行政書士試験に合格するまでに要する「勉強時間」

行政書士試験の標準勉強時間は1000時間程度です。

予備校の講義や模擬試験等の時間を省いた勉強時間です。

行政書士試験の科目

(法令科目)基礎法学、憲法、行政法、民法、商法
(一般知識等)政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

形式は択一式、選択式、40字程度の記述式です。

行政書士試験は、大変厄介な試験です。

平成23年の行政書士試験のデータは受験申請者数83543、受験者数66297、合格者数5337名とけっこう合格しました。毎年3%から10%程度、合格率に差があるのは、基準点をクリアすれば全員が合格するからです。

難解な行政法、膨大な範囲の民法を中心に、憲法、商法、基礎法学、しかも、政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護などの一般知識等まで及びます。

すべて択一式なら良いのですが、極めて配点の高い「記述式」も出題させるので、受験生泣かせな試験です。

「記述式」は、行政法1問、民法2問が出題されますが、1問20点(ちなみに択一式は4点)と配点が高く、好きな問題を選択できないので、すべて解答しないといけません。

特に民法が厄介で、民法全体を満遍なく勉強していないと解答できないように作成されています。

一般知識等も単なる常識ではなく、専門的な政治学、行政学、財政学なども問われるので、付け焼刃の勉強で高得点を取るのは不可能です。

膨大な試験範囲と専門性、かつ、厄介な記述式がある難易度の高い試験なので、独学で勉強するのは極めて困難です。

以前は、社労士や中小企業診断士より易しい試験でしたが、今では同等レベルになった感じがします。

まともに勉強すれば、いくら時間があっても足りません。

ゼロから独学で勉強したら、1000時間程度で行政書士試験の範囲をすべてマスターするのは不可能でしょう。

独学なら、何倍もの勉強時間を要します。

数千時間のロスをしてしまう可能性もあります。

行政書士試験に独学で臨むのは、タイム・イズ・マネーの時代に逆行しています。

行政法と民法だけでも年単位でかかってしまいます。

試験委員の先生方は、じっくり何年も法律を勉強して欲しいと願って、行政法と民法の問題を作成されていると思われますが、受験生の立場からすると、行政書士試験に多くの時間や期間はかけられません。

ただ、正答率6割で合格できる試験なので、受験戦略次第では、短期合格も可能な試験です。

以下では、行政書士試験に短期一発合格するための受験戦略をご紹介します。

行政書士試験に合格するまでに要する「勉強期間」

標準勉強期間は1〜1.5年程度です。

法律知識ゼロの方が受験するとしたら相当の努力をしないと1年程度で合格するのは困難です。

行政書士受験の予備校を徹底活用して合理的な勉強をしないと1年以内の一発合格は困難でしょう。

なぜ行政書士試験に合格できないのか?

不合格の原因は、「勉強範囲を絞れないこと」、「専門知識の理解が甘いこと」、「長期間勉強をしていて集中力が鈍ってしまうこと」などが考えられます。

また、書店に多くの行政書士試験独学者向けの参考書や問題集が並んでいるので、あれやこれや手を伸ばしてしまうのも不合格の原因と言えます。

そうしているうちに、2年、3年・・5年以上経ってしまいます。

毎年、確実に問題も受験生のレベルも上がっている試験なので、独学で自己流の勉強法にこだわっている限り合格は遠のくばかりです。

行政書士試験の受験予備校を利用するメリットは、試験勉強の範囲を合理的な範囲に絞ってもらい、その範囲の専門知識を分かりやすく噛み砕いて教えてもらえることです。

独学では何ヶ月勉強しても理解できなかったところが、予備校で教えてもらったら、わずか数分〜数十分で理解できたという場合も多々あります。

さらに、予備校では、的中率の高いオリジナルテキストや問題集を配ってくれますし、的中率の高い問題演習(答案練習会)や公開模擬試験も実施してくれます。

現に短期一発合格を果している方々は、天才や秀才ではなく、独学を避け、合理的に予備校を活用した方々です。

また、予備校では、直前に本試験と全く同じ形式・同じ時間帯で、公開模擬試験を実施してくれますので、本試験を疑似体験できます。

合格実績の高い予備校で「ここまでやれば大丈夫!」と言われるぐらいまで徹底的に問題演習等を積んで本番に臨めば、不安や緊張も緩和され、自信を持って試験会場に向かえることでしょう。

長年試験勉強を続けるのは、経済的、精神的、就職・転職等にも厳しくなるので、短期で合格できるようにしてください。

これから行政書士試験の勉強以外にやらなくてはいけないことが山ほどあるはずです。

法律知識ゼロの方でも1年程度で一発合格を目指してくださいね。

法律知識ゼロの方でも1年程度で一発合格するための方法は以下で詳しく解説します。

行政書士試験の合格率・倍率

行政書士試験の合格率は毎年4〜8%程度です。倍率15倍〜25倍程度の試験です。

6割以上が合格ラインなので、問題の難易度により、合格率も変わります。

概ね合格率5%程度の試験だと思っておいてください。

受験生のレベルがあまり高くないことを考慮しても、大変厳しい試験であることには変わりありません。

また、一発合格される方は合格者の中でも少数です。

短期一発合格を目指すなら大変厳しい試験です

なので、実績の高い受験予備校でしっかり勉強をしないと何年もかかってしまいます。

現に最終合格者のほとんどは、行政書士受験の予備校を使い倒して合格しています。

「行政書士試験合格者の合格体験記」は以下で紹介する「資格の大原、新パンフレット」(無料)に詳しく紹介されています。

一発合格者の合格体験記を無料で多数読むことができます。

行政書士試験一発合格の秘訣が分かるので大変参考になります。

行政書士試験の年収、将来性

行政書士の平均年収は、700万円前後です。

行政書士は年齢・性別関係なく、努力次第で高収入も望めます。

実際に稼いでいる行政書士の先生を徹底研究すれば、行政書士で稼ぐ方法もわかるので、合格後、ビジネスセミナー等に足を運ぶようにしましょう。

若い行政書士の先生でも年収1000万円以上の方もいます。

起業家精神を持って、新たな分野を開拓するのも面白いと思います。

今後、司法書士と並ぶ「街の法律家」として活躍することを期待されています。

行政書士の将来性は今後も有望です。

詳しくは、以下で紹介する「資格の大原」新パンフレットの「行政書士になろう!行政書士実務家インタビュー」というページをご覧ください。

男性の先生のみならず、女性の開業行政書士の先生も紹介されています。

現在活躍されている行政書士の先生のインタビューが詳しく紹介されていますので、とても参考になります。

早め早めの行動が将来の夢に繋がります。

独学と予備校学習の比較

行政書士試験に独学で勉強するのは大変非効率です。

行政書士試験は、膨大な試験範囲の知識と難解な記述式もある難易度の高い試験なので、独学なら軽く倍以上の勉強時間と勉強期間がかかってしまうでしょう。

しっかり予備校に試験範囲を絞ってもらい、難解な専門知識を分かりやすく教えてもらい、受験技術を伝授してもらいましょう。

大幅な勉強時間の短縮に繋がりますので、必ず行政書士受験の予備校を合理的に活用してください。

現在、行政書士試験に合格している受験生のほとんどは、行政書士受験の予備校を利用しています。

当サイトをご覧のあなたは、最短の勉強時間・期間で行政書士試験に合格したいとお考えだと思いますので、独学は避けましょう。

以下で紹介する最短勉強時間の計算は、実績の高い行政書士受験の予備校で勉強することを前提にしています。

一般人がゼロからはじめても確実に合格できる勉強方法と勉強時間をご紹介します。

最短勉強時間で合格を目指すなら、大手予備校のフルコース(基幹講座、答案練習会、模擬試験のセット)受講をおすすめします。

逆に、それ以上の講義を受講する必要はありません。

無駄な講義を受講すると無駄な時間とコストがかかるので、一通り「基幹講座」を受講すれば知識的には十分です。

大手予備校のフルコースをペースメーカーにして自習(復習)することが最短合格の秘訣です。

今後一切、教材選びや講座選びに悩む必要がなくなります。

それだけでも多くの時間を節約できます。

ただ、注意すべき点は、講座を受講しただけで満足せず、講座の内容が自分の血や肉になるまで復習をすることです。

「勉強時間」のほとんどは、講義の予習より復習に当ててくださいね。

また、インプット(知識を入れる作業や講義)とアウトプット(問題演習や模擬試験)のバランスを崩さないでください。

そうすれば、必ず短期合格できます!

受験年数が増えれば増えるほどコストもかかりますので、是非短期合格を目指してください。

行政書士試験はやり方さえ間違えなければ、短期合格できる試験です。

逆に、やり方を間違えてしまうと、膨大な試験範囲ゆえ泥沼にはまり、何年勉強しても不合格を繰り返してしまいます。

では、どこの行政書士受験の予備校を利用するか?

基本的には本人との相性になります。

相性の合う学校・講師を見つけることになります。

各予備校の資料を取り寄せ、無料のガイダンスや無料の受験相談等を利用して、相性の合う学校・講師を見つけることになります。

個人的におすすめなのが「資格の大原」です。

学校法人大原学園が運営する「資格の大原」は、単なる合格ではなく、「行政書士一発合格主義」を掲げ、多くの一流講師と極めて合理的なカリキュラムと教材を使用し、毎年多くの行政書士試験一発合格者を輩出している名門予備校です。

「資格の大原」は、50年以上の歴史と伝統のある簿記・税・会計の学校です。

あの難関国家試験公認会計士の一発合格者を多数輩出していることで有名な学校です。

現在は、公認会計士、税理士、簿記のみならず、公務員、行政書士、中小企業診断士など、資格試験全般をリードする業界最大手の資格学校です。

「資格の大原」の行政書士講座は、単なる合格ではなく、「行政書士一発合格主義」を掲げています。

国家最難関試験のひとつ公認会計士試験に一発合格させる受験指導技術を行政書士講座に惜しみなく投入しています。

実際に大手予備校に足を運んで「資格の大原」を見学してきましたが、学校の規模、施設、講師の質・数、サポート体制など、どれをとっても他校を圧倒していました。(私の個人的意見です)

確実に最短合格を目指すなら、「行政書士一発合格主義」「資格の大原」の合理的なカリキュラムを活用して勉強されると良いでしょう。

「行政書士一発合格主義」とは、法令等択一式は「過去問+α」、法令記述式では「2ステップ学習」、一般知識等は「合格ラインクリア」で攻略です。

詳しくは「資格の大原」公式HPから請求できる「新パンフレット」をご覧ください。

「行政書士一発合格主義」の具体的内容が明らかになります。

法令等択一式は「過去問+α」、法令記述式では「2ステップ学習」、一般知識等は「合格ラインクリア」で攻略、この3つの合格戦略の意味が詳しく分かります。

「過去問+α」とは?、「2ステップ学習」とは?、「合格ラインクリア」で攻略とは?

「なるほど!これなら短期一発合格できる!」とご納得されるかと思います。

独学者や他校で勉強されている受験生には分からない「行政書士一発合格主義」の具体的内容をご確認ください。

大変参考になる資料ですので、独学や他校で勉強される予定の方もご覧になっておいてください。

新パンフレットは「資格の大原」公式HPから簡単にご請求できます(無料)。

「資格の大原」公式HP⇒行政書士講座【資格の大原】

最短合格するための勉強時間・期間の計算とは?

「勉強時間」は、「講義時間」×2程度です。

「答案練習会」の回数×5

「公開模擬試験」の回数×10

後は最後の総復習時間です。

まず、講義の復習に当てます。

次に、答案練習会の予習や復習に当てます。

さらに、直前期の総まとめ(公開模擬試験の復習も含む)に当てます。

短期一発合格を目指すなら、学術的な勉強や趣味的な勉強をする時間はありません。

短期一発合格者のほとんどは、講義の復習、答案練習会の予習・復習、公開模擬試験の予習・復習、直前の総復習だけで合格されています。

講義時間を合わせても800時間以内で合格することも十分可能です。

「一発合格主義の大原」のカリキュラムは、基礎力+解答力を徹底的に高める合理的なカリキュラムになっています。

入門⇒基本⇒発展講義で基礎力を徹底的に身につけ、分野別演習、記述演習、直前模擬試験、全国統一模擬試験で徹底的に解答力を身につけていきます。

また、本試験の的中率が高いテキストや問題集を利用して講義やテストを進めていくので、本試験ではほとんどおなじみの問題ばかりでしょう。

まさに至れり尽くせりのコースです。

試験の難易度が上がろうとも慌てず対処できるようになります。

独学の受験生や他校で勉強している受験生を一気に追い抜いてしまいましょう!

詳しくは、「資格の大原」の新パンフレット「一発合格主義、学習カリキュラムのページ」をお読みください。

独学者や他校で勉強されている受験生には分からない「行政書士一発合格主義」の具体的内容をご確認ください。

新パンフレットは「資格の大原」公式HPから簡単にご請求できます(無料)。

「資格の大原」公式HP⇒行政書士講座【資格の大原】

行政書士試験は、正しい勉強をコツコツ続ければ、必ず合格できる試験です。

行政書士試験に一発合格され、将来「街の法律家」の先生として活躍してください。

一発合格後も努力を惜しまなければ、将来、きっと一目置かれる存在になることでしょう。

司法書士や社労士などの難関資格を狙うのも良いでしょう。

また、実力と信頼があればかなりの高収入を得ることもできます。

将来が楽しみですね。

「資格の大原」で行政書士試験に一発合格された先輩方に続き、今度はあなたが一発合格する番です!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

簿記検定1級 勉強時間

簿記1級の勉強時間はどれくらい必要か? 勉強時間 簿記1級の勉強時間、学習時間はだいたい予備校や専門学校の授業が簿記3,2級の基礎から、1級のフルコースパック、答練、模試などでだいたい10・・・

TOEIC 勉強時間

TOEIC 勉強時間 TOEICの勉強時間はどれくらい必要か? 勉強時間 TOEICの勉強時間、学習時間は400までに500時間、500までに700時間、600までに900時間、70・・・

気象予報士 勉強時間

気象予報士の勉強時間 気象予報士の勉強時間、学習時間は基礎知識、実技知識、答練、模試などで100回程度あります。 さらに学校の勉強の他に自習を1:3程度では行わないと合格できないと思うので・・・

ボイラー技士 勉強時間

勉強時間 ボイラー技士の勉強時間は2級で500時間程度、1級でさらに500時間、特級でさらに300時間の1300時間です。 実務をしている人の強みとしてのイメージがつかめるので、勉強はしや・・・

土木施工管理技士試験 勉強時間

勉強時間 土木施工管理技士の勉強時間、学習時間は2級で400時間、1級でさらに600時間、合計1000時間ぐらいです。 ただ実務経験とかを経ていないと受験できない資格ですので、実務をしてい・・・

建築士 勉強時間

建築士の勉強時間は最低2級で1000時間程度、1級で1500時間の勉強は必要です。答練を除く予備校の授業:予習復習:本格的な受験勉強=1:2:5程度は必要となってきます。学校の授業をおよそ120時間く・・・

情報処理技術者 勉強時間

試験範囲と合格率 ITパスポートは財務、法務、経営戦略など経営全般に関する基本的な考え方、特徴が30問程度、システム開発、プロジェクトマネジメントなどIT管理に関する基本的な考え方、特徴を20問程度・・・

木造建築士 勉強時間 

木造建築士試験の勉強時間は1000時間から1200時間程度は必要かなと見ています。難易度的にもそこそこありそうな気もしますし、受験資格もあり、受験者数も1000名程度ではないかといわれており、地味に難・・・