資格 勉強時間 ランキングのTOPに戻る


TOEIC 勉強時間

TOEIC 勉強時間

TOEICの勉強時間はどれくらい必要か?

勉強時間

TOEICの勉強時間、学習時間は400までに500時間、500までに700時間、600までに900時間、700までに1200時間、800までに1500時間、900までに2000時間程度でしょう。

英語が得意な方ならもっと少ない勉強時間で達成されると思われますが、英語があまり得意ではない一般人を対象にしています。

500程度まではだれでも行きますが、600を超えると簡単ではありません。

これが考えた結果、TOEICを取得するためのある程度学習時間の目安です。

勉強期間

TOEICの勉強期間も、ハイスコアを狙うとなるとやはりけっこうかかります。

リスニングとライティングのうち、やはりまずリスニングに慣れる必要があります。リスニングがだめだとTOEICは点数になりません。

耳に慣れる期間も含めると、スコア700までには1年以上はかかるでしょう。

合格率
TOEICに合否はありませんが、10点から990点までの点数で表示され、ランキングごとに示されます。Aランクが860点から990点まで、Bランクが730点から855点まで、Cランクが470点から725点まで、Dランクが220点から465点まで、Eランクが10点から215点までとなっています。

ランク

TOEICのランクはAはかなり高く、Bもなかなか高い、Cはある程度の訓練で可能、Dまではだれでも来るというところでしょうか。450点で英検2級程度、700点で英検準1級程度というところでしょうか。

試験科目と得点
TOEICの試験科目はリスニングとライティングがあります。

リスニングは45分で100問です。写真描写が10問、質疑応答が30問、会話問題が30問、説明文問題が30問出題されます。基本的には1度しか放送されませんので、聞き逃しはできません。

ライティングは75分で100問です。短文穴埋め40問、長文穴埋め12問、読解問題48問です。時間がとても少ないです。英検とかより密度が濃いですね。

基本的にはすべて4択のマークシート形式です。

試験日
TOEICの試験日は6月下旬、7月下旬、9月中旬、10月下旬など年8回ほどあります。

TOEICを独学で行うのはスコア次第です。独学で行いたいというのであれば、スコア600程度までは可能ですが、それ以上になると微妙です。学校に通ってもそんなにお金が多くなければできないということはありません。

独学がダメとまではいいませんが、スコア700かそれ以上を目指す方はスクールの検討をおすすめします。

TOEIC650以上を上司などから取るように指示されている人は、絶対に取得しなければいけませんので、スクールなどに行ってでも取得する必要があります。

ここではTACのTOEIC講座を紹介しておきます。TACは公認会計士や税理士試験で実績を上げている学校なのですが、最近は会計や法律資格のみならず、金融やIT・語学資格などにも進出し、多くの受講生が学んでいます。特に米国公認会計士や英文会計などの英語力をつけたい、またはメーカー勤務などで海外出張を言い渡されてしまったなどの方に適している資格といえます。

まずはこのTACのTOEIC講座の資料を請求しておくことをオススメします。資料は無料で請求できます。資料の中でも合格者(ハイスコアを出した方)の声のところは重要ですので、少なくてもそこだけには目を通していただきたいです。

資料の請求方法は下記のリンクをクリックします。次に右側の緑色の枠の資料請求をクリックします。次に同意するをチェックし、資格選択では下の方にあるTOEICをクリックします。次にフォームに必要事項を記入、確認して送信します。するとあなたの手元に資料が届きます。

こちらから⇒TACのTOEIC講座の資料請求

その資料を見た上で、講座内容があなたの希望に近いようであれば、一気に受講してしまうことをオススメします。鉄は熱いうちに打ってしまいましょう。勢いも大事です。

TOEICでハイスコアを取得して、外資系企業などで英語を専門に生かした仕事ができるといいですね。

学生さんなど早くから挑戦した方が高いスコアを目指せます。またメーカー勤務の方や国際資格などを取得して海外で仕事を希望する方などにも、ぜひTOEICは挑戦していただきたい資格といえます。英語が得意な方もぜひ挑戦してほしいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました
関連コンテンツ

行政書士 勉強時間

行政書士 勉強時間 行政書士試験に合格するまでに要する「勉強時間」 行政書士試験の標準勉強時間は1000時間程度です。 予備校の講義や模擬試験等の時間を省いた勉強時間です。 行・・・

簿記検定1級 勉強時間

簿記1級の勉強時間はどれくらい必要か? 勉強時間 簿記1級の勉強時間、学習時間はだいたい予備校や専門学校の授業が簿記3,2級の基礎から、1級のフルコースパック、答練、模試などでだいたい10・・・

気象予報士 勉強時間

気象予報士の勉強時間 気象予報士の勉強時間、学習時間は基礎知識、実技知識、答練、模試などで100回程度あります。 さらに学校の勉強の他に自習を1:3程度では行わないと合格できないと思うので・・・

ボイラー技士 勉強時間

勉強時間 ボイラー技士の勉強時間は2級で500時間程度、1級でさらに500時間、特級でさらに300時間の1300時間です。 実務をしている人の強みとしてのイメージがつかめるので、勉強はしや・・・

土木施工管理技士試験 勉強時間

勉強時間 土木施工管理技士の勉強時間、学習時間は2級で400時間、1級でさらに600時間、合計1000時間ぐらいです。 ただ実務経験とかを経ていないと受験できない資格ですので、実務をしてい・・・

建築士 勉強時間

建築士の勉強時間は最低2級で1000時間程度、1級で1500時間の勉強は必要です。答練を除く予備校の授業:予習復習:本格的な受験勉強=1:2:5程度は必要となってきます。学校の授業をおよそ120時間く・・・

情報処理技術者 勉強時間

試験範囲と合格率 ITパスポートは財務、法務、経営戦略など経営全般に関する基本的な考え方、特徴が30問程度、システム開発、プロジェクトマネジメントなどIT管理に関する基本的な考え方、特徴を20問程度・・・

木造建築士 勉強時間 

木造建築士試験の勉強時間は1000時間から1200時間程度は必要かなと見ています。難易度的にもそこそこありそうな気もしますし、受験資格もあり、受験者数も1000名程度ではないかといわれており、地味に難・・・