資格 勉強時間 ランキングのTOPに戻る


木造建築士 勉強時間 

木造建築士試験の勉強時間は1000時間から1200時間程度は必要かなと見ています。難易度的にもそこそこありそうな気もしますし、受験資格もあり、受験者数も1000名程度ではないかといわれており、地味に難しい試験ではないかという予想をしています。マニアの視覚といえますね。

この木造建築士試験の創設の趣旨は、漆食いの壁や天然の木材などを使ったエコのライフを目指す消費者が増えていることなどから、大手の建設・建築会社でも木造家屋の魅力を再認識しているということのようです。今後木造建築のスペシャリストという観点からも、この資格の取得のニーズが高まるのではないかと言われています。

この木造建築士試験の受験資格は大卒もしくは高専卒の建築関連の学部の卒業者、土木学部の卒業者で実務経験1年以上、高卒で建築・土木関連の卒業者で実務経験3年、その他の方で実務経験が7年、その他で建築設備士資格の有資格者などを対象としています。

試験内容は建築計画、建築法規、建築構造、建築施工などの学科試験、5択式になります。合格者のみが設計製図の試験を受けることができます。課題は事前に公表されるようです。

合格率は学科試験が60%前後実技試験も60%前後と高く、総合でも35%から40%程度とかなり高めです。マニアな試験なので、受験生のレベルが高いということから、これだけの合格率があるのではないかなと考えています。学科試験は各分野25問ずつの100問で、総合60問以上でかつ各分野13問以上の正解が必要のようです。

平均年齢が25歳程度とかなり若く、男女比は7:2程度と男性が多くなっています。ただ女性も以外にいる感じがします。

試験日は学科試験が7月の後半、設計製図の試験が10月の半ばころのようです。年によって期日は若干ずれます。

試験地は全国47都道府県で受けられるようです。

木造家屋は耐火性に弱いということもありますが、木造家屋ならではの落ち着いた感じが人気があり、購入希望者はかなりいるのが実体といえます。耐火性のある家などを作る必要があるということもあり、木造家屋の専門家でもある木造建築士のニーズは増えています。

建築士よりも専門性が高いといえるかもしれません。今後注目の資格とも言えます。
関連コンテンツ

行政書士 勉強時間

行政書士 勉強時間 行政書士試験に合格するまでに要する「勉強時間」 行政書士試験の標準勉強時間は1000時間程度です。 予備校の講義や模擬試験等の時間を省いた勉強時間です。 行・・・

簿記検定1級 勉強時間

簿記1級の勉強時間はどれくらい必要か? 勉強時間 簿記1級の勉強時間、学習時間はだいたい予備校や専門学校の授業が簿記3,2級の基礎から、1級のフルコースパック、答練、模試などでだいたい10・・・

TOEIC 勉強時間

TOEIC 勉強時間 TOEICの勉強時間はどれくらい必要か? 勉強時間 TOEICの勉強時間、学習時間は400までに500時間、500までに700時間、600までに900時間、70・・・

気象予報士 勉強時間

気象予報士の勉強時間 気象予報士の勉強時間、学習時間は基礎知識、実技知識、答練、模試などで100回程度あります。 さらに学校の勉強の他に自習を1:3程度では行わないと合格できないと思うので・・・

ボイラー技士 勉強時間

勉強時間 ボイラー技士の勉強時間は2級で500時間程度、1級でさらに500時間、特級でさらに300時間の1300時間です。 実務をしている人の強みとしてのイメージがつかめるので、勉強はしや・・・

土木施工管理技士試験 勉強時間

勉強時間 土木施工管理技士の勉強時間、学習時間は2級で400時間、1級でさらに600時間、合計1000時間ぐらいです。 ただ実務経験とかを経ていないと受験できない資格ですので、実務をしてい・・・

建築士 勉強時間

建築士の勉強時間は最低2級で1000時間程度、1級で1500時間の勉強は必要です。答練を除く予備校の授業:予習復習:本格的な受験勉強=1:2:5程度は必要となってきます。学校の授業をおよそ120時間く・・・

情報処理技術者 勉強時間

試験範囲と合格率 ITパスポートは財務、法務、経営戦略など経営全般に関する基本的な考え方、特徴が30問程度、システム開発、プロジェクトマネジメントなどIT管理に関する基本的な考え方、特徴を20問程度・・・