資格 勉強時間 ランキングのTOPに戻る


国家2種公務員 勉強時間

国家2種公務員試験の勉強時間はどれくらい必要か?

勉強時間

国家2種公務員試験の勉強時間、学習時間はだいたい予備校や専門学校の授業などがだいたい150回から200回ありますので、500時間弱程度でしょう。

TAC、早稲田セミナー、LEC、資格の大原等大手学校もだいたい同じ程度といえます。

さらに学校の勉強の他に自習を1:2程度では行わないと合格できないと思うので、最低1500時間程度の勉強は必要です。

予備校をフルコースで活用したときの学習時間で、予備校をあまり使わなかったりすると、さらに倍程度の時間がかかるとみてください。

これが考えた結果、国家2種公務員試験を最短で取得するための学習時間です。

勉強期間

国家2種公務員の勉強期間もそこそこ期間が要ります。

最低1年半程度の勉強期間はかかります。面接などの対策も必要ですし、けっこう大変です。

倍率
国家2種公務員試験の倍率は13倍程度です。
かなり厳しい採用試験です。

ランク

国家公務員試験の難易度は高いです。

5段階評価で4ほどあるでしょう。

試験科目と得点
国家公務員2種の第1次試験は、教養試験と専門試験(多肢選択式)、専門試験(記述式)、専門試験(論文式)、第2次試験は、人物試験(個別面接試験)です。

試験日
国家公務員2種の試験日は1次が6月中旬、2次が7月末です。合格発表は8月末です。

年収
国家2種公務員の年収はまあまあです。初任給は年収300ほど、40歳前後で年収550ほど、50歳で700ほどでしょうか。事務系の職業でこれだけ稼げるのは魅力です。

独学はできるか
国家公務員2種試験を独学で行うのは厳しいと思います。正直難化傾向です。MARCHレベルの学生でないと国2は受からないといわれるほどです。

学生さんがWスクールするのは金銭的にもスケジュール的にもしんどいという気持ちは理解できるのですが、どうしても独学だけで国家2種公務員を受けるのは厳しいと思います。

勉強方法

国家2種も、資格の大原などの予備校のフルコースパックに近い授業を受けていく必要があると思います。

市販の本だけで勉強するのには無理があります。

独学では、非効率な勉強をしなくてはいけないので、何倍もの勉強時間がかかります。

予備校のフルコースで学習をして、後半は弱点補強と知識の増幅と整理を行う必要があります。

最後に答案練習や模試を受けて、本番のシミュレーション確実に1発合格をしてください。

また、予備校では、公務員試験の面接を知り尽くしている面接官による面接対策講座も実施されているので、予備校を利用しない受験生はかなり不利になります。

独学で勉強しているライバル達を一気に追い抜いてください。

国家2種は合格出来て採用されれば、事務系の中では高待遇をしてもらえます。

ぜひ1発合格をして採用され、各省庁のエキスパートになり、やりがいのある仕事に就いてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

社労士 勉強時間

社労士 勉強時間 社労士試験に合格するまでに要する「勉強時間」 社労士試験の標準勉強時間は1500時間程度です。 予備校の講義や模擬試験等の時間を省いた勉強時間です。かなりの勉強時間・・・

米国公認会計士(USCPA) 勉強時間

米国公認会計士(USCPA)試験は、受ける人によって、勉強時間・期間、難易度が違います。 なぜかといえば、米国公認会計試験は英語で出題され、かつ、受験地が海外(米国)だからです。 受験資格・・・

土地家屋調査士 勉強時間

土地家屋調査士 勉強時間 土地家屋調査士の勉強時間、学習時間は予備校や専門学校の基礎講座、特訓講座、答練 模試などで180回程度あります。かなりの授業数といえます。 さらに、学校の勉強の・・・

建築設備士 勉強時間

建築設備士の勉強時間は1500時間程度かかります。合格率も20%程度とさほど高いわけでもなく、しかも受験資格はかなり制限されているので、実際の合格率はかなり厳しいものがあります。勉強期間も1日3時間の・・・

インテリアプランナー 勉強時間

インテリアプランナーの勉強時間はだいたい1500時間程度かかるのではないかと見ています。科目合格制度を採用しているため勉強はしやすいですが、試験科目もけっこうあるので、かなりハードな試験といえます。 ・・・