資格 勉強時間 ランキングのTOPに戻る


土地家屋調査士 勉強時間

土地家屋調査士 勉強時間

土地家屋調査士の勉強時間、学習時間は予備校や専門学校の基礎講座、特訓講座、答練
模試などで180回程度あります。かなりの授業数といえます。

さらに、学校の勉強の他に自習を1:2程度では行わないと合格できないので、最低1500時間程度の勉強は必要です。

予備校をフルコースで活用したときの学習時間で、予備校をあまり使わなかったりすると、さらに倍程度の時間がかかるとみてください。

これが考えた結果、土地家屋調査士を最短で取得するための学習時間とみます。

勉強期間

土地家屋調査士の勉強期間は予備校などのカリキュラムによれば、だいたい15カ月から20カ月程度でしょうか。

予備校のフルコースセットが1年以上かかるので、プラスαを考えると最低1年半程度はかかります。

合格率

土地家屋調査士試験の合格率は5から7%程度です。

ランク

土地家屋調査士の難易度はかなり高いです。

5段階評価で4あります。地味に難しい試験です。

試験科目

不動産の表示の登記に関する事項で、土地家屋調査士の業務を行うについて必要な知識
五肢択一形式の選択問題。主に民法・不動産登記法及び土地家屋調査士法から20問出題

製図を含む書式問題。土地に関する問題及び建物からそれぞれ1問ずつ計2問出題。

作図試験は平面測量と作図です。

測量士、測量士補資格者は免除されます。

筆記試験7割、作図試験6割から7割程度は取らないと合格はできないでしょう。

口述試験もあります。多少司法書士試験と登記法などに似たところがあります。ただ難易度はかなり異なります。

試験日

土地家屋調査士の試験日は8月下旬のです。基本的には年1回です。

合格者は口述試験に進みます。11月上旬にあります。

土地家屋調査士の年収

土地家屋調査士の年収は800〜1000万程度となっています。

資格以外の人脈など独立開業に必要な要素があります。基本的には開業資格です。

独学はできるか

土地家屋調査士試験を独学で行うのは難しいです。

専門かつ高度な試験である土地家屋調査士を独学で合格するのは、至難の業です。

現在、合格されている合格者の方のほとんどは、徹底的に資格の学校を利用して合格されています。

勉強方法

初心者の方は、実績の高い学校のフルコースを受講して、それをペースメーカーにして自習されると良いでしょう。

特に初心者の方は、プロの講師たちが作ったカリキュラムに乗っかって行った方が確実に合格方法が高まります。

市販の本だけで勉強するのには無理があります。

専門かつ高度な試験の土地家屋調査士試験を独学で勉強するのは、タイム・イズ・マネーの時代に逆行しています。

広範囲の民法と不動産登記法、土地家屋調査関連法規などの知識が必要です。

土地家屋調査士の学校として、LEC東京リーガルマインドの土地家屋調査士試験対策編を紹介しておきます。

土地家屋調査士試験に短期合格するかどうかは、このLEC東京リーガルマインドで実施されている「1年フルコースパック通信講座」を合理的に利用するか否かにかかっていると言っても過言ではありません。

土地家屋調査士合格通信講座1年フルコースは、土地家屋調査士試験と測量士補試験のW合格を、1年で可能にするコースです。

土地家屋調査士は始めて法律を学ぶ方でも合格レベルに達することができる「インプット完成講座」と、模試である「直前ファイナル答練」でしっかりと学習します。

さらに、最小限の負担に抑えた測量士補の講座を並行して学習することで、1年程度でのダブル合格を可能にします。

LECの土地家屋調査士合格通信講座1年フルコースパックは、土地家屋調査士受験生にとって至れり尽くせりのオールインワン講座です。

1年フルコースパックをしっかり勉強して、試験に出題される範囲を完璧に理解することが短期合格の秘訣です。

通学講座よりも通信講座の方がよい!

何度も繰り返して学ぶためには、通学の講座より通信の講座の方が良いでしょう。

また、ライブクラスを収録した迫力のある講義の方が良いでしょう。

全くのゼロから合格レベルまで一気に引き上げてくれる講義が良いでしょう。

受講料も高くない受験生応援価格の講座が良いでしょう。

LEC東京リーガルマインドは、徹底した企業努力により、受講料を以前より大幅に安くすることに成功しました。

その要件を満たしている講座が、LEC東京リーガルマインドの土地家屋調査士10ヵ月合格コースです。

短期合格するためのすべてがこの講座に凝縮されています。

LECの土地家屋調査士合格通信講座1年フルコースパックの詳しい資料(無料)は以下からご請求できます。

短期一発合格を実現させる「オールインワン講座」の全貌が分かる資料です。

LECの土地家屋調査士合格通信講座1年フルコースパックの資料請求

タイム・イズ・マネーの時代です。

資格試験の勉強を長年続けていては時代に取り残されてしまいます。

土地家屋調査士に短期合格して、一年でも早く活躍できれば、自分の力で人生が開けます。

ライバル達よりも早く合理的な学習をし、是非短期一発合格を果たしてください。

土地家屋調査士10ヵ月合格コースの具体的な内容は以下からご請求できる資料(無料)に詳しく書かれているのでご覧ください。

短期一発合格を実現させる「オールインワン講座」の全貌が明らかになる資料です。

LECの土地家屋調査士10か月合格講座通信DVDコース

最後までおよみいただいてありがとうございました。
関連コンテンツ

社労士 勉強時間

社労士 勉強時間 社労士試験に合格するまでに要する「勉強時間」 社労士試験の標準勉強時間は1500時間程度です。 予備校の講義や模擬試験等の時間を省いた勉強時間です。かなりの勉強時間・・・

米国公認会計士(USCPA) 勉強時間

米国公認会計士(USCPA)試験は、受ける人によって、勉強時間・期間、難易度が違います。 なぜかといえば、米国公認会計試験は英語で出題され、かつ、受験地が海外(米国)だからです。 受験資格・・・

建築設備士 勉強時間

建築設備士の勉強時間は1500時間程度かかります。合格率も20%程度とさほど高いわけでもなく、しかも受験資格はかなり制限されているので、実際の合格率はかなり厳しいものがあります。勉強期間も1日3時間の・・・

国家2種公務員 勉強時間

国家2種公務員試験の勉強時間はどれくらい必要か? 勉強時間 国家2種公務員試験の勉強時間、学習時間はだいたい予備校や専門学校の授業などがだいたい150回から200回ありますので、500時間・・・

インテリアプランナー 勉強時間

インテリアプランナーの勉強時間はだいたい1500時間程度かかるのではないかと見ています。科目合格制度を採用しているため勉強はしやすいですが、試験科目もけっこうあるので、かなりハードな試験といえます。 ・・・