資格 勉強時間 ランキングのTOPに戻る
「資格 勉強時間 ランキング」トップ >  1500時間・1.5年以上 > 米国公認会計士(USCPA) 勉強時間


米国公認会計士(USCPA) 勉強時間

米国公認会計士(USCPA)試験は、受ける人によって、勉強時間・期間、難易度が違います。

なぜかといえば、米国公認会計試験は英語で出題され、かつ、受験地が海外(米国)だからです。

受験資格があり、語学や海外の受験地に全く抵抗がない方なら、比較的容易に取得できる資格ですが、語学や海外の受験地に抵抗のある方にとっては多少難しい資格です。

会計の知識が多少あり、語学に抵抗のない方なら、実績の高いスクールを利用して勉強すれば、1年以内、1000時間以内で合格することも可能です。

中には、速習の通信講座などを利用して、半年程度の勉強期間で合格される方もいます。日本の公認会計士試験よりはだいぶ易しい試験といえます。

全く会計知識ゼロの方で、語学も苦手という方でも、実績の高いスクールを利用して勉強すれば、1500時間程度、1年半程度で合格することも可能です。

また、2011年から日本で受験できるようになったので、受験地の大きなハードルがなくなりました。

これは我々日本人にとっては大きなプラス材料です。今取得しておくことにより、メリットがありますので、可能な限り早く取得してください。

米国公認会計士試験は、以下の4科目から構成される「科目合格制」です。

科目は財務会計と法規、監査手続き、経営環境の4科目です。

また、問題文は英語になっていますが、専門用語が中心なので難しい感じはしないと思います。

TOEICスコア600程度あれば、試験問題の読解に苦労はないと思います。

スコアの満たない方でも実績の高いスクールの講義や演習を繰り返し受けているうちに普通に身につくレベルの英語です。

ただ、米国公認会計士試験は、極めて専門性の高い試験内容ですので、独学で教科書を読んでも深い理解は困難でしょう。

試験形式は択一式で素直な出題ですが、極めて専門性の高い知識が問われるので、実績の高い学校で噛み砕いて教えてもらい、理解されると良いでしょう。

内容が分からず暗記中心の勉強では、合格できないばかりか、勉強しててもつまらないですからね。

短期合格を果されている合格者の方は、土・日に集中的に講義や答案練習会を受講し、平日にしっかり自宅で復習と問題演習をして、1科目1ヶ月+αで合格レベルまで引き上げています。

合格ラインは1科目あたり70%、全科目で75%の得点があれば合格です。

合格率

各パート50%弱(48%程度)です。厳しい試験という感じでもありません。

科目合格制なので、1科目ずつ合格していけば、さほど困難な試験ではありません。

ただ、1科目2ヶ月程度の勉強で合格できるように頑張ってください。

勝負は合格後の仕事ですから、試験に勉強期間を長くかけてはいけません。

将来性

米国公認会計士(USCPA)資格は、当サイトで紹介している資格の中でも指折りの有望資格です。

米国公認会計士(USCPA)は、世界で最も広く認知されたビジネス資格と言っても過言ではありません。

世界で最も権威のある会計資格です。

米国公認会計士(USCPA)資格の大きな魅力は、何と言っても活躍の場の広がりです。

例えば、現在、米国公認会計士協会に登録している会員は、33万人を超えますが、会計事務所で監査業務等に従事するUSCPAは、全体の4割に過ぎません。

その他の6割は事業会社や官公庁で会計・財務を中心とする幅広いポジションで活躍しており、経営職としてCFO(最高財務責任者)さらにはCEO(最高経営責任者)といったポストに就く例も決して少なくありません。

米国公認会計士資格の活躍の場は多岐に渡ります。

試験対策

最短かつ確実に合格するためには、実績の高い学校を徹底的に利用して勉強すると良いでしょう。

現在、1科目1ヶ月〜2ヶ月程度の短期間で合格している方は、実績の高い学校を徹底的に利用して合格しています。

また、米国公認会計士試験は、宅建や簿記などのメジャーな資格と異なり、受験情報も少ないのが現状です。

宅建や簿記などのメジャー資格よりはるかに独学では合格しにくい試験です。

頭の良さや記憶力の良さ、才能や能力よりも、的確な受験指導を受け、しっかりと最新の受験情報を入手できるか否かで合否が決まる試験です。

現在、米国公認会計士試験対策の講座を開講している学校はあまり多くなく、私の知る限り、多くの合格者を輩出している実績の高いスクールは、日本で4スクールしかありません。

「アビダス」「TAC」「プロアクティブ」「資格の大原」の4スクールです。

最終的には4スクールを比べて、自分と相性の合う学校を選ぶことになるでしょう。

ちなみに、私のおすすめの学校は、アビダスです。

アビタスとは?

アビタスは、米国公認会計士(USCPA)や公認内部監査人(CIA)の受験指導で受験界をリードしている国際資格専門のスクールです。

アビタスは、日本で初めて米国公認会計士の日本語版テキストを出版したスクールでもあります。

は米国公認会計士を目指される方なら誰でも知っているスクールです。

お馴染みの「U.S.エデュケーション」が2008年に株式会社キャリアアクセスを吸収合併し、株式会社「アビタス」に社名変更になりました。

今でも受験生の中では「U.S.エデュケーション」と呼んでいる方もいます。

「U.S.エデュケーション」は完全に教育機関でしたが、「アビタス」は会計・監査専門の人材紹介もしているので合格後のフォローも万全に整っています。

難解な専門知識を分かりやすく教えてくれるので、初心者の受講生でも安心して学べると評判です。

また、授業数やテキストもコンパクトで実践的なので、忙しい社会人の方には大変助かります。

分かりやすく、コンパクトで、実践的なのがアピタスの特徴です。

なお、アビタスの一番のライバル校(TAC)は、授業数やテキスト数が多過ぎて、消化不良を起こす受験生も多くいらっしゃいます。

多少受講料が高いという批判もありますが、タイム・イズ・マネー!忙しく働きながら短時間・短期間で合格を果たしたい方は、アビタスで勉強されることをオススメします。

ただ、「いったい本当に自分でも合格できるのだろうか」 「どうやって勉強するのが一番有利なのか」 「合格した後は本当にキャリアアップに結びつくのだろうか」「アビタスではどういう講義をするのだろうか」 と疑問をお持ちの方も多いことと思います。

そこで、アビタスでは、USCPA(米国公認会計士)について、詳しく知りたい方のための資格とスクールの資料を無料でご自宅に送ってくれます。

しかも、今なら「米国公認会計士&英文会計入門のサンプルDVD」も付いてくるので、どのような授業を展開するのかもご自宅でご確認できます。

実際、私も何度もアビタス(新宿本校と八重洲校)に足を運びましたが、優れた受験環境に驚かされました。

スクールというよりも快適なオフィスのようで、スタッフや周りの受講生の感じも良く、大変好感の持てるスクールでした。

新宿本校の受付の方はとても親切な対応をしてくださり、とても美しい方でした。

あのような受験環境で勉強できる受験生はかなり恵まれていると感じました。

また、アビタスでは、合格後、無料で転職サポートもしてくれるので、合格後も頼りになる存在です。

まずは、アビタスの詳しい資料(無料)をご請求してみて、受験界最高峰の受験環境の一部に触れてみてください。

「忙しく働きながらでも1年以内で合格できる!」と確信されると思います。

アビタスの「資料請求」は、アビタスの専門サイトからすることができます。資料自体は無料で請求することができます。

大変便利なサイトなので、私は「お気に入り」に入れているサイトです。

資料請求となるとあれこれ記載事項があって面倒なことも多いですが、アビタスでは、資料請求する上で必要最小限の記載事項しかありませんので、最短1分程度で簡単に資料請求の申し込みが完了します。

独学で勉強される予定の方や他校で勉強される予定の方もまずは、アビタスの資料&DVD(無料)をご覧になってみてください。

アビタスの「アビタスの資料&DVD」(無料)は、アビタスの公式HPから簡単に申し込めます。

「いや・資料はいいよ。もうやるって決めているから、受講体験がしたいんだ!」という方はアビタスから直接無料セミナーの予約を申し込むこともできます。どちらにしても下記のリンクから行うことができます。

資料の請求方法ですが、まず下記のリンクをクリックしてください。右上の方にある無料セミナー予約をクリックし、資料請求もしくは授業見学申し込みのどちらかをクリック、氏名や住所・メルアド・見学の方は希望の学校名などを記入、確認して送信します。すると資料もしくは無料受講の用紙があなたの手元に届くはずです。

USCPAを目指すならアビタス。

2011年からは、IFRS(国際会計基準)を踏まえた出題がされますが、アビタスは、IFRS(国際会計基準)に最も強いスクールなので、益々アビタス受講生が有利になります。

2009年からIFRS(国際会計基準)検定の試験委託も受けており、IFRSに関してわが国で最も信頼されているスクールです。

短期で米国公認会計士試験に合格され、米国の監査法人や日本の大手監査法人、その他海外の監査法人等で活躍する会計士になってくださいね。

現に、会計知識ゼロからスタートして、米国公認会計士試験に短期合格をし、大手監査法人への転職に成功された方や海外の会計事務所で活躍されている方もいます。

今度はあなたが夢を実現する番です!

また、2011年から日本で受験できるようになることもかなりの追い風ですね。

まずは、アビタスに資料を請求してみて、受験界最高峰の受験環境の一部に触れてみてください。

「忙しく働きながらでも1年合格できる!」と確信されると思います。

アビタスの「アビタスの資料&DVD」(無料)は、アビタス公式HPから簡単に申し込めます。

こちらから→米国公認会計士ならアビタス。

アビタスで1年合格を目指してください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

社労士 勉強時間

社労士 勉強時間 社労士試験に合格するまでに要する「勉強時間」 社労士試験の標準勉強時間は1500時間程度です。 予備校の講義や模擬試験等の時間を省いた勉強時間です。かなりの勉強時間・・・

土地家屋調査士 勉強時間

土地家屋調査士 勉強時間 土地家屋調査士の勉強時間、学習時間は予備校や専門学校の基礎講座、特訓講座、答練 模試などで180回程度あります。かなりの授業数といえます。 さらに、学校の勉強の・・・

建築設備士 勉強時間

建築設備士の勉強時間は1500時間程度かかります。合格率も20%程度とさほど高いわけでもなく、しかも受験資格はかなり制限されているので、実際の合格率はかなり厳しいものがあります。勉強期間も1日3時間の・・・

国家2種公務員 勉強時間

国家2種公務員試験の勉強時間はどれくらい必要か? 勉強時間 国家2種公務員試験の勉強時間、学習時間はだいたい予備校や専門学校の授業などがだいたい150回から200回ありますので、500時間・・・

インテリアプランナー 勉強時間

インテリアプランナーの勉強時間はだいたい1500時間程度かかるのではないかと見ています。科目合格制度を採用しているため勉強はしやすいですが、試験科目もけっこうあるので、かなりハードな試験といえます。 ・・・