資格 勉強時間 ランキングのTOPに戻る


建築設備士 勉強時間

建築設備士の勉強時間は1500時間程度かかります。合格率も20%程度とさほど高いわけでもなく、しかも受験資格はかなり制限されているので、実際の合格率はかなり厳しいものがあります。勉強期間も1日3時間の勉強時間で1.5年程度かかるかなと予想しています。

ただ1級建築士などを取得すると、かなり早く取得できるという話もあるようです。

この建築設備士は、建築設備全般についての知識や技能を有し、建築士に対して高度化、複雑化した建築設備の設計や工事監理に関する、適切なアドバイスを行うことのできる資格者です。

そのためこの資格は、相当の学力と実務経験豊かな建築熟練者でないと、この資格への合格は厳しいものといえます。

受験資格は大学卒業後の2年の実務経験、短大や高専卒業後の4年の実務経験、高校で6年、職業能力開発総合大学校や短期大学校などの実務経験などがあります。また1級建築士や1級電気工事施工管理技士、空気調和、衛生工学会、電検3種などで実務経験2年以上などです。ハードルは高いです。

建築設備士試験は、1次試験が建築一般知識と建築法規と建築設備で5択式、2次試験は製図で設計製図を行います。建築設備基本計画と建築設備基本設計計画の2つです。

試験地は全国の地方中枢都市など、試験日は1次試験が6月、2次試験が8月となっているようです。

合格率の詳細は1次35%、2次50%で合計が20%程度のようです。年1回しか試験のチャンスがないので、やはり大変な試験ですね。簡単に受かる試験ではなさそうです。
関連コンテンツ

社労士 勉強時間

社労士 勉強時間 社労士試験に合格するまでに要する「勉強時間」 社労士試験の標準勉強時間は1500時間程度です。 予備校の講義や模擬試験等の時間を省いた勉強時間です。かなりの勉強時間・・・

米国公認会計士(USCPA) 勉強時間

米国公認会計士(USCPA)試験は、受ける人によって、勉強時間・期間、難易度が違います。 なぜかといえば、米国公認会計試験は英語で出題され、かつ、受験地が海外(米国)だからです。 受験資格・・・

土地家屋調査士 勉強時間

土地家屋調査士 勉強時間 土地家屋調査士の勉強時間、学習時間は予備校や専門学校の基礎講座、特訓講座、答練 模試などで180回程度あります。かなりの授業数といえます。 さらに、学校の勉強の・・・

国家2種公務員 勉強時間

国家2種公務員試験の勉強時間はどれくらい必要か? 勉強時間 国家2種公務員試験の勉強時間、学習時間はだいたい予備校や専門学校の授業などがだいたい150回から200回ありますので、500時間・・・

インテリアプランナー 勉強時間

インテリアプランナーの勉強時間はだいたい1500時間程度かかるのではないかと見ています。科目合格制度を採用しているため勉強はしやすいですが、試験科目もけっこうあるので、かなりハードな試験といえます。 ・・・