資格 勉強時間 ランキングのTOPに戻る


不動産鑑定士 勉強時間

不動産鑑定士 勉強時間

不動産鑑定士試験に合格するまでに要する勉強時間
は1850時間程度です。最近は難化した傾向になっているので、もっと時間がかかるかなと感じています。

1850時間とは講義や模擬試験等の時間を省いた勉強時間です。

不動産鑑定士講座で有名な「資格の学校TAC」を例に勉強時間を計算してみます。

TACの講義がだいたい180回程度、答案練習が20回、模擬が4回程度。
講義時間は500時間程度、復習時間は3倍の1500時間
答案練習は30時間程度、準備時間は5倍の150時間
模擬試験は20時間程度、準備時間は10倍の200時間

講義等の時間が550時間程度となっています。かなり充実しています。

よって自宅での学習時間は、その3倍以上の1850時間程度は必要といえます。

合計2300時間程度で合格レベルに達します。

一般人が全くのゼロからはじめて合格レベルまで達するまでの時間を意味します。

もっとも、「資格の学校TAC」など不動産鑑定士試験の受験指導で高い実績を残している学校の講座や模擬試験を合理的に利用した場合です。

不動産鑑定士試験はやり方次第では短期合格も可能、転職・就職にもっとも有利な資格の一つですし、宅建やマンション管理士などの資格試験の応用になります。

23年の不動産鑑定士試験は、短答式試験受験者数2171、合格者数601、論文式試験申請者数1535、受験者数1038、合格者数117となっています。短答式試験の合格者には試験免除制度があるため、短答式試験合格者<<論文式試験受験者となっています。これから見てもかなり厳しい試験であることは容易に想像できます。

科目

択一試験で鑑定理論と行政法規

論文試験で鑑定理論と民法と経済学と会計学が出題されます。

不動産鑑定士試験は、専門知識を幅広く問われます。合格者も100名程度と少ないのでとても厳しい試験といえます。

鑑定理論は学術的な科目と異なり、鑑定実務に基づく理論でまず受験生は初めての科目に困惑します。

行政法規は不動産に関する規制を定める法律についての知識を問われ、5択40問が出題されます。宅建などを合格している人は組みやすい科目ともいえます。

民法は法律用語が難解、勉強の範囲が膨大であるために受験生の多くが最後まで不安を感じる科目です。でも宅建などを合格している人はやはり多少有利でしょう。

経済学は、ミクロ経済学とマクロ経済学に大別されます。ミクロ経済学は、市場取引、つまりある商品の価格と取引量がどのように決定されるか、マクロ経済学は、国民所得がどのように決定されるかを考えます。好き嫌いの出る科目といえます。

会計学は、企業が作成する財務諸表(決算書)の仕組みを理解する学問です。貸借対照表や損益計算書などの言葉は耳にしたことがある方もいると思いますが、これらが財務諸表と呼ばれるものです。簿記2級の知識があればイメージはつかみやすいといえます。

この5科目を系統立てずに勉強すれば、いくら時間があっても足りません。

ゼロから独学で勉強したら、5000時間あってもたぶん不動産鑑定士試験の範囲をマスターするのは無理でしょう。

独学で1日4〜6時間勉強しても、3回、4回と不合格を繰り返している受験生も多くいます。

独学なら、何倍もの勉強時間を要します。

不動産鑑定士試験に独学で臨むのは、タイム・イズ・マネーの時代に逆行していると言えます。

民法だけでも軽く1年はかかってしまいます。

ただ受験戦略次第では、1発合格も可能な試験です。

不動産鑑定士試験の合格率は毎年3%程度です。倍率は短答で4倍、論文で10倍程度です。短答合格後に2度の免除があるので、短答試験合格者と論文受験者の数は一致しません。

とても厳しい試験であるといえます。

なので、実績の高い受験予備校や通信教育等でしっかり勉強をしないと何年もかかってしまいます。

現にゼロから短期一発合格された受験生は、実績の高い学校の通学講義や通信教育、模擬試験等を利用しています。

勉強をはじめられる前に、まずは短期一発合格を果された受験生の合格体験記を多く読んで、合格の要素を肌で感じてください。

独学と予備校学習の比較

不動産鑑定士試験に独学で勉強するのは非効率です。

不動産鑑定士試験は、膨大な試験範囲の専門的な知識が問われる難易度の高い試験なので、独学なら何倍も勉強時間と勉強期間がかかってしまうでしょう。

しっかり予備校に試験範囲を絞ってもらい、難解な専門知識を分かりやすく教えてもらいましょう。

合格率
平成20年度
択一受験者3002人、合格者678人、合格率22.6%、
論文受験者1308人、合格者132人、合格率10.1%

論文受験者には択一合格者と前年度の論文不合格者を含みます。
実質の合格率は4%くらいですね。

年収と就職と仕事

不動産鑑定士の年収は平均で1200万円程度あり、合格者の98%は実務補習、実務研修に進むことができます。

不動産鑑定士業界は大学名とかに関係なく、不動産鑑定士試験合格者に平等の実務経験を与えるべきという考えから、資格業界には珍しく合格者の完全登録、完全雇用を目指しているところです。

公認会計士は高学歴で新卒、最低でも25歳くらいまで、弁理士は工学部院卒でなおかつ研究者などの事実上の条件がありますが、不動産鑑定士は学卒であれば、年齢や大学の名前は一切問いません。

働いている実務家さんも、合格者の後輩たちに学歴や年齢に関係なく平等な待遇を与えようとしているところを自慢しています。

だから不動産鑑定士は資格で職にしたい人の一番のおすすめともいえます。

だから予備校でやろう
だから取得に時間をかけてはいけないんです。

不動産鑑定士に限らず、難関資格を短期合格された受験生は、実績の高い学校の通学講義や通信教育、模擬試験等を利用しています。

ではどこの学校を利用すれば、実際に合格できるのか?

このサイトではTACの不動産鑑定士1.5年合格本科生コースをおすすめします。

TACの1.5年間で短答式・論文式試験の突破を目指すコースです。総合的な知識を身に着け、短期合格を目指すコースです。

ただ講座内容がとても充実しているため、毎日の学習時間を比較的多く取れる方、集中して一気に短答式・論文式の合格を目指す方にオススメです。

毎日規則的に学習を続けていきたい方および1年を通じて勉強できる方が行うと、合格の可能性が高まります。

そのTACの不動産鑑定士1.5年合格本科生コースの資料請求をしておくことです。

詳しくは以下から請求できる詳しい資料(無料)をご覧ください。

こちらから⇒TACの不動産鑑定士1.5年合格本科生コース

請求の仕方は、下記リンクをクリック⇒講座内のページに入り、右上の緑色の資料請求をクリックします⇒同意するをクリック⇒講座を選びます。法律関係の不動産鑑定士にチェック⇒氏名やメルアドなどの必要事項を記入⇒確認をクリック⇒OKであれば資料を請求できます。面倒そうですが、この通りに行えば数分もあれば資料請求が完了します。

学校や講師の詳しい情報、無料ガイダンスの情報、勉強の方法、合格者の体験記などもわかり、合格の秘密が明らかになることでしょう!

まずこの講座を理解できるかどうかが合格できるかの分かれ目になるといえます。

不動産鑑定士講座の有力な学校としてはTACもしくはLECかで迷いましたが、勉強時間のしっかり取れる方であれば、資格の学校TACで行った方が、合格の可能性が高まります。

公認会計士や司法書士は学校選びに苦労しないのですが、不動産鑑定士や弁理士はまず学校選びに苦労するんです。

今のところの不動産鑑定士のオススメスクールはTACです。やはりTACのオリジナルテキストは業界でも屈指のテキスト、勉強内容は多く、大変なところもありますが、やり切れれば合格への道がかなり開かれます。

不動産鑑定士の試験制度は択一試験を合格すると、論文試験を1度失敗できるので、まず択一合格をすることです。できれば勉強開始から1年半から2年程度で合格してほしいです。

まず鑑定理論と行政法規の2科目しかない択一試験を死に物狂いで合格しましょう。

さらにその後の論文試験もできれば1回、悪くても2回でパスしてもらいたいです。

不動産鑑定士試験は資格の予備校を使っても、2年半から3年程度の学習期間がかかります。

大半の方は2000時間以上の勉強時間を要します。

まずはTACの不動産鑑定士1年合格本科生コースで、まず今から3年で合格しましょう。

そのためにはTACの不動産鑑定士1.5年合格本科生コースの資料を請求してみましょう。

TACの不動産鑑定士1.5年合格本科生コース

まず資料を確認後、受講の有無を判断してください。納得をした時点で勉強を開始していだいて構いません。思い立ったら吉日といえます

TACで不動産鑑定士に合格⇒鑑定士協会で3年の実務補習と実地研修⇒それそれの地域で鑑定士の一翼を担う仕事をするというコースになります。

難しい資格の不動産鑑定士ですが、合格後は手厚い研修があります。

司法試験に次ぐ実務研修があるといえ、一昔前はエリートしか就職のチャンスのなかった資格でしたが、今は学歴より気持ちの強い方が試験も就職も有利な資格になりました。ただ求められている仕事は高度です。

そのような資格を欲しいという方に、ぜひTACの不動産鑑定士講座をおすすめします。一気に合格まで走ってください。

不動産鑑定士は合格後も努力を惜しまなければ、将来、きっと一目置かれる存在になることでしょう。

自分の力で人生を拓くことができます!

不動産鑑定士試験合格から人生を大きく拓きましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

公務員総合職試験 勉強時間

国家公務員総合職試験の勉強時間は2000時間程度、2種は1500時間程度かかります。 勉強期間も長くかかり、1種は大学1年後期、2種も2年の夏休み前後からは準備しないとなかなか間に合わないでしょ・・・

中小企業診断士 勉強時間

中小企業診断士 勉強時間 中小企業診断士試験に合格するまでに要する「勉強時間」 中小企業診断士試験の標準勉強時間は2000時間程度です。 予備校の講義や模擬試験等の時間を省いた勉強時・・・

法科大学院 勉強時間

法科大学院試験の標準勉強時間は2000時間程度となっています。 基準を中央大学法科大学院法律既習者コースとします。 中大の法科大学院法律既習者コースの倍率は3.3倍程度、既習者コースの中で・・・

電験3種 勉強時間

電験3種の勉強時間は2000時間程度です。働く社会人の方を対象、一気に合格は出来ないと見てこの程度の時間を設定します。 理論、電力、機械、法規の4科目があり、4科目すべてに合格した場合に限り、電・・・