資格 勉強時間 ランキングのTOPに戻る


公認会計士 勉強時間

公認会計士 勉強時間

公認会計士試験に合格するまでに要する「勉強時間」

公認会計士試験の標準勉強時間は3000時間程度です。これは予備校の講義や模擬試験等の時間を省いた勉強時間です。合格率も10%程度となっていますので、やはり難しい試験といえます。

公認会計士試験には、財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、租税法の必須科目に、経営学、経済学、民法、統計学から1科目を選択する選択科目があります。

公認会計士試験は、財務会計論を中心に極めて専門的かつ広範な知識が問われますので、付け焼刃の勉強では対応できません。

また、最近の傾向は専門知識を前提に、思考力、論理力、記述力なども要求されるので、知識を暗記しただけでは全く対応できない試験になりました。

なので、一般人がゼロから勉強し始めて、合格レベルになるためには、3000時間以上の勉強時間が必要でしょう。

もっとも、新試験制度のもと、合格者が急増したため、以前よりかなり合格しやすい試験になったことは確かです。

また、以下で紹介する勉強方法をすれば、もう少し勉強時間を短縮することも可能です。

以下で、2200時間から2400時間程度に勉強時間を短縮する方法をご紹介します。

公認会計士試験に合格するまでに要する「勉強期間」

標準勉強期間は3年以上です。

予備校の講義を省いた勉強時間を3000時間以上するには、一般に3年程度かかってしまうしょう。

ただ、1日平均5時間以上、直前期10時間以上勉強できる環境の受験生なら、1,5〜2年程度でも十分合格できると思います。

1日の勉強時間がどのぐらいとれるかで「勉強期間」も変わります。

以下で、1年程度、1.5年程度、2年程度の勉強期間で合格するための方法を解説します。

公認会計士試験の合格率・倍率
23年の公認会計士試験のデータは出願者は23151、短答受験20790、短答合格2231、論文受験者数4632、論文合格者1511です。論文試験受験者>>短答試験合格者なので、免除者が多いです。ここから短答試験がきわめて難しいということがいえます。論文試験は3倍なので、必ず合格できます。まず短答試験の合格を目指してください。

公認会計士の年収、将来性

公認会計士の「年収」は1000万円程度です。かなり士業の中でも高めといえます。

年収は仕事の能力や人脈などを含めた総合的な実力次第でしょう。

公認会計士試験受験生のほとんどは大手監査法人希望です。

大手監査法人に就職できて戦力になれれば、高収入のみならず、一生やりがいのある仕事に就けることができます。

もっとも、合格者が急増したことにより、大手監査法人に入るための倍率は必然的に高くなります。

以下で紹介する「資格の大原、新パンフレット(無料)」には、「大手監査法人の採用担当者からのメッセージ」が紹介されています。

大手監査法人を目指すあなたにとって、とても参考になる資料なので一読しておいてください。

早め早めの対応が将来の夢に繋がります。

独学と予備校学習の比較

公認会計士試験に独学で合格するのは不可能に近いです。

現在、公認会計士に合格している受験生は必ず公認会計士受験の予備校を利用しています。

当サイトをご覧のあなたは、最短の勉強時間で公認会計士に合格したいとお考えだと思いますので、独学は避けましょう。

以下で紹介する最短勉強時間の計算は、実績の高い公認会計士受験の予備校で勉強することを前提にしています。

最短勉強時間で合格を目指すなら、大手予備校のフルコース(基幹講座、答案練習会、模擬試験のセット)受講をおすすめします。

逆に、それ以上の講義を受講する必要はありません。

大手予備校のフルコースをペースメーカーにして自習し、最短合格を目指すのが一発合格の秘訣です。

現に、最年少合格者や一発合格者は、大手予備校のフルコースをペースメーカーにして一気に合格まで突っ走っていった方々です。

受験年数が増えれば増えるほどコストもかかりますので、是非一発合格を目指してください。

公認会計士試験に一発合格して監査法人に就職できれば、受験中の出費など全く問題ありません。

では、どこの公認会計士受験の予備校を利用するか?

基本的には本人との相性になります。相性の合う学校・講師見つけるがもっともベターな方法といえます。

各予備校の資料を取り寄せ、無料のガイダンスや無料の受験相談等を利用して、相性の合う学校・講師を見つけることになります。

ではどの学校で勉強すれば一番いいのか?私は公認会計士ならそれでも資格の大原が一番といえます。

会計士試験・税理士試験の王道といえば、大原簿記学校で勉強すること、これにつきます。

簿記・会計の学校として50年以上の歴史と多くの合格者を輩出してきた実績があります。

大原は簿記学校から資格試験全般で実績を残している、「資格の大原」に成長し、資格試験界をリードしています。

資格の大原には一般コースのみならず、全日制のコースも用意されており、まさに公認会計士になるための学校と言っても良いです。

「資格の大原」の公認会計士試験最新情報(新パンフレット)は以下から無料で入手できます。

新パンフレットでは、「資格の大原」で合格した「最年少合格者」や「一発合格者」の合格体験談を読むことができます。

多くの一発合格者の合格体験談が無料で読めるチャンスを逃さないでください。

講座内容も充実、多少お金はかかりますが、10年・15年前からすると公認会計士講座をこの価格で受講できるようになったのかという感じもします。

その資格の大原の公認会計士講座の資料請求は下記からできます。

こちらから⇒【資格の大原】

公認会計士になるなら


「資格の大原」は規模も大きく講師の質も非常に高い学校です。

合理的に資格の大原を利用して、あなたも公認会計士試験に一発合格を果たしてください。

公認会計士試験に短期合格を果され、資格の大原で合格した先輩達に続いて、監査法人で活躍するエリート公認会計士になってくださいね!

地方の受験生には通学と同じ通信講座もあるので、地方受験生も資格の大原を利用してみてください。

「講師の板書や配付資料も、臨場感たっぷりのCD(MP3)と一緒にお届けするので、通学講座と全く同じ条件で学習を進めることができます。さらに、CD(MP3)学習は場所を選ばないため、ご自宅はもちろん移動中の学習も可能で、時間を有効に使うことができます。」(資格の大原のHPから抜粋)

これで、東京と地方の情報格差はありませんよ!

詳しくは、資格の大原に無料の資料請求をして、最新受験情報や無料ガイダンス情報を入手してくださいね。

こちらから⇒【資格の大原】

公認会計士になるなら


資格の大原で一発合格された多くの先輩方に続いて、今度はあなたが公認会計士試験に一発合格する番になってほしいです。

とにかく早め早めの行動を取り、難しい試験ですがなんとか一発合格を果してください。2度以上落ちると監査法人への就職が年齢とかの関係上厳しくなりますので・・。なんとか2回以内の短期で合格できるようにしてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

司法書士 勉強時間

司法書士 勉強時間 司法書士試験に合格するまでに要する「勉強時間」 司法書士試験の標準勉強時間は3000時間程度です。 司法書士試験は、試験範囲が膨大、試験内容も高度かつ専門的、合格・・・

弁理士 勉強時間

弁理士試験に合格している合格者を見てみると、弁理士の勉強時間、学習時間はだいたい予備校や専門学校の授業が基礎講座、択一講座、論文講座、論文答練、択一答練などの200回程度のフルコースの講座を受けて合格・・・

東大 勉強時間

東大の勉強時間はこれだけかかります。 東大・東京大学の勉強時間は高校入学後に4500時間程度、1日4-5時間を3年間継続する程度の勉強時間は必要と見ています。 しかも東大合格の実績をある程度出・・・