資格 勉強時間 ランキングのTOPに戻る
「資格 勉強時間 ランキング」トップ >  資格・職業ガイド > カラーコーディネーターになるには


カラーコーディネーターになるには

カラーコーディネーターになるには?

カラーコーディネーターになるにはいろいろな要素が必要です。

カラーコーディネーターの資格も必要ですが、これだけではなかなか就職とかをすることは難しいともいえます。

PCなどでのイラストの技術も必要ですし、カラーコーディネーターの資格とかもあった方がいい場合もあります。

やはりなんといっても一番は業界関係者とコンタクトをすることともいえます。

デザインという業界は特にその色が強いといえます。知り合いなどの先天的人脈があればいいのですが、今の時代を利用して、インターネットなどをうまく活用して、業界の先輩の人柄や職業観などを仕入れて、メールなどをしてみて徐々に心を近づけていくなど地道な努力をすることが一番かもしれません。

なかなか業界関係者との距離を近づかないと、職に就くのが難しいのではないかということがサイトや本などにもけっこう書いてあります。

とはいってもこのサイトではここまでのことはできないので、まず必要最小限のカラーコーディネーターの資格の取り方を書いておきます。

カラーコーディネーターの資格は1級と2級、3級があり、1級はかなり難しく勉強時間もかなりかかります。数百時間以上は軽くかかるでしょう。2級と3級は筆記試験だけですし、さほど難しいとは言われていません。

試験は1級が筆記と論述、2,3級は筆記試験のみで2時間から3時間程度です。

合格率は1級が20%前後、2級が40%前後、3級が55%程度といえます。1級はなかなか難しい感じがします。

試験日は1級が12月、2級と3級は6月の年1回です。

カラーコーディネーター資格もなかなか独学だけでは試験の合格をするのは難しいかもしれません。

デザイン系の資格はなかなか勉強しにくいです。

分かってしまえばそこから応用していけばいいのですが、最初のとっかかりがなかなか難しいといえます。

よって専門学校の通学講座や通信講座に通う必要があるといえます。

このサイトではライセンスワールドのカラーコーディネーター講座、特にその中でも資格取得に力を入れるならキャリアカレッジジャパン、就職転職まで考えるならヒューマンアカデミー(たのまな)に行くのが一番といえます。

キャリアカレッジジャパンは、ポイントが凝縮されたコンパクトテキストと、プロ講師が身近な例で解説してくれる講義DVDで効率よく学習できます。

さらに不合格時の返金保証をします。それだけ熱心に指導をするということです。勉強の中身は濃く、厳しいカリキュラムになっているといえます。真剣に取り組みたい方向けです。

またヒューマンは講座内容が多く、就職などのサポートもしてくれます。どちらかといえば至れりつくせりの学校ですが、やや講座料金が高めなのがマイナス点でしょう。それでも良心的な学校の代表なので、カラーコーディネ―ターを目指す方にはいい学校であるといえます。

気になるスクールの資料を取り寄せて、いち早く情報を収集して、夢に向けて確実に歩んでいってください。

好きなことを仕事にできることは、大変幸せなことです。

狭き門ですが、カラーコーディネーターになる!という強い意志を持ち続けて頑張っていけば、必ずチャンスはあります!

まずは、気になるスクールの資料を取り寄せて、いち早く情報を収集して、夢に向けて確実に歩んでいってください。

資料はこちらから請求できます。無料で行うことができます。

こちらから⇒カラーを研究して好きを仕事にしませんか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

裁判官・検察官になるには

裁判官・検察官になるには? 裁判官や検察官になるためには、弁護士になるのと同様に今までは難関の司法試験に合格した後の司法研修でなることができます。 これからは大学を卒業後に法科大学院に入学・・・