資格 勉強時間 ランキングのTOPに戻る
「資格 勉強時間 ランキング」トップ >  500時間・6ヶ月以上 > IFRS(国際会計基準検定)勉強時間


IFRS(国際会計基準検定)勉強時間

勉強時間・勉強期間

IFRS検定試験に合格するための勉強時間は400〜500時間程度です。

平日2時間程度、休日4時間程度勉強すると想定しますと、週に18時間程度勉強できますので、25週程度、6ヶ月程度で合格レベルに達することになります。

以上の勉強時間・期間はあくまでも目安です。独学で普通に勉強すれば、400〜500時間程度、6ヶ月程度はかかるということになります。簡単な試験とは言えません。

もっとも、以下でご紹介する「アビタスのIFRSコース」を受講すれば、50時間の講義と復習100時間、直前の追い込み50時間程度で合格可能ですので、200時間程度、3ヶ月程度で合格することが可能です。

アビタスは、IFRS検定実施機関のICAEWから日本で初めて日本語試験の運営を委託されていたスクールで、現在もアビタスのIFRSコースを受講することは、極めて有利な立場で受験に臨むことができます。

アビタスについては以下で詳しく解説します。

IFRSとは、

IFRS(国際会計基準)は、ご存知の通り、世界の100以上の国で現在使用され、あるいは将来使用される予定の、広く普及している会計基準です。

IFRSは、既に主要な先進国が受け入れています。日本においても近々義務化されます。ですので、日本において財務報告に含まれる情報を利用するあらゆる人々にとって、IFRSによって生じる問題に直面するために適切な理解を身につけることは今後必須となっています。

今のうちにIFRSの知識を体系的・網羅的に勉強しておくことを強くすすめます。今後IFRSの知識は知っておいた方が良い知識ではなく、「知らなければいけない知識」ですので、一度本気で体系的・網羅的に整理し、理解しておいてください。

IFRS検定とは

国際会計基準(IFRS)の広範な知識と理解力を測ることを目的とした検定試験です。IFRS検定を取得すれば、国際会計基準のスキル・知識を証明することができます。

しかも、昨年から日本語で試験が実施されるようになったので、大変受験しやすくなりました。国際会計基準が世界を席巻する中、世界に通用する試験を日本語で受験が出来るメリットはかなり大きいものがあります。

IFRS検定を受験する意義とは?

ただ単にIFRSの知識を書籍等を読んで理解しようとしても単調し過ぎてなかなかマスターできないと思われます。

そこで、IFRS検定合格に向けて勉強を開始すれば、目的意識を持った勉強になりますので、極めて効率的にIFRSの知識をマスターすることができます。

特に、アビタスのIFRSコースを受講しながら、IFRS検定を取得されれば、IFRS検定の合格のみならず、ほぼ完璧にIFRS検定の知識が体系的・網羅的に身に付けることができます。

今のうちにIFRS検定を取得しながら、完璧にIFRS検定の知識が体系的・網羅的に身に付けておけば、必ずや将来必要とされる人間になること請け合いです。「IFRSなら○○さん(あなた)だね。」と言われるようになります。

ですので、認知度が低い今のうちに、IFRS検定を取得しながら、完璧にIFRS検定の知識が体系的・網羅的に身に付けておいてください。

合格率

30〜40%程度です。10%台になったこともありましたが、概ね30〜40%程度で落ち着くものと思われます。アビタスのIFRSコースの受験生の合格率は一般の受験生よりもかなり高いようです。それでも受験生のレベルがかなり高いので、安易に考えることはできません。

難易度

IFRS検定とは、120分の試験時間で60問、マークシート形式の客観試験、日本語で出題されます。

記述式や論述式の厄介な試験と比べると比較的容易ですが、専門知識の理解を広く・浅く・満遍なく問われるので、付け焼刃の勉強では合格できませんので、会計関係の専門のスクールなどで合理的な学習をしておくことをオススメします。

IFRS検定を取得しながら、完璧にIFRS検定の知識が体系的・網羅的に身に付けておけば、必ずや将来必要とされる人間になること請け合いです。

IFRSなら○○さん(あなた)だね。となるようにしましょう。

日本でも早くIFRSが義務化されて欲しいぐらいにですね!

将来が楽しみですよね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

通関士 勉強時間

通関士 勉強時間 勉強時間 通関士の勉強時間、学習時間はだいたい予備校や専門学校の基礎講座、グレートアップ講座、計算、演習シリーズ、答練、模試などを含めてだいたい70回から80回ほどありま・・・

宅建 勉強時間

宅建 勉強時間 宅建試験に合格するまでに要する「勉強時間」 宅建試験の標準勉強時間は500時間程度です。 500時間とは講義や模擬試験等の時間を省いた勉強時間です。さらに講義の時間が・・・

CISA(公認情報システム監査人) 勉強時間

CISA(公認情報システム監査人) 勉強時間 CISA(公認情報システム監査人)試験に合格するまでに必要な勉強時間は、600時間程度です。 さらに学校の講義や模擬試験などの100時間を加え・・・

診療報酬請求事務能力認定試験 勉強時間

診療報酬請求事務能力認定試験の勉強時間は300時間から500時間程度ではないかと考えています。これは単なる医療事務だけでなく、医療事務最難関試験の資格となっています。 合格率はそれでも30%程度・・・

ファイナンシャルプランナー 勉強時間

ファイナンシャルプランナーの勉強時間はどれくらい必要か? 勉強時間 ファイナンシャルプランナーの勉強時間、学習時間はだいたい予備校や専門学校の授業がAFP、CFP、3級技能士、2級技能士、・・・

知的財産管理技能検定試験 勉強時間

知的財産管理技能検定試験の勉強時間は初心者が3級までで150時間、3級から2級まで出で300時間、2級から1級で400時間、トータルではゼロから1級合格までは850時間程度と計算しました。 前述・・・

総合旅行管理者 勉強時間

総合旅行業務取扱管理者の勉強時間は600時間です。 知識的にも20代の若い人が取得しやすい国家資格なので、旅行業界に興味がある方なら取っておきたい資格です。 本気に就職をお考えなら、総合旅・・・

衛生管理者 勉強時間

衛生管理者 勉強時間 衛生管理者の勉強時間は第2種が400時間程度、 1種はそこから300時間程度の700時間です。 実務をしている人の強みとしてのイメージがつかめるので、勉強はしや・・・

消防設備士 勉強時間

消防設備士の勉強時間は乙種は400から甲種は500時間程度かかります。 難しい資格ではないのですが、情報などの面で不足しているので、正直勉強時間は多少かかるのではないかと見ています。 消防・・・

電気工事士 勉強時間 

電気工事士の勉強時間、学習時間は2種で500時間、1種でさらに700時間、合計1200時間ぐらいです。 電気工事士資格は、実務をしている人の強みとしてのイメージがつかめるので、勉強はしやすいと思・・・

マンション管理士 勉強時間

マンション管理士の勉強時間はいったいどれくらい必要か? 勉強時間 マンション管理士の勉強時間、学習時間は予備校や専門学校の基礎講座、特訓講座、答練、模試などで40回程度あります。TACが基・・・

警察官採用試験 勉強時間

警察官採用試験 勉強時間 勉強時間 警察官の勉強時間、学習時間はだいたい予備校や専門学校の授業などがだいたい80回から90回ありますので、250時間弱程度でしょうか。 TAC、早稲田・・・

ビジネス実務法務検定 勉強時間

ビジネス実務法務検定の勉強時間は初心者が3級までで150時間、3級から2級まで出で300時間、1級合格までさらに500時間、トータルではゼロから1級合格までは950時間程度と計算しました。 前述・・・

フードコーディネータ試験 勉強時間

フードコーディネータ試験の勉強時間は3級で300時間、2級で500時間、1級で800時間くらいは必要といえそうです。難易度に換算すると、10段階評価で3級が3、2級が4、1級は5上くらいかもしれません・・・

イタリア語検定2級 勉強時間

イタリア語検定の勉強時間は5級で100時間、4級で200時間、3級で350時間、2級で600時間、1級は1000時間程度かかりそうです。 合格率も5級は70%くらいありますが、4級で40%、3級・・・

コーチング 講習時間

コーチングの講習時間は一応100時間ちょっととなっていますが、そこから資格試験を受ける必要があるので、もうちょっとといかかなり時間はかかります。もっとも講習に1年くらいかかるようなので、すぐに資格が取・・・

フランス語検定準1級 勉強時間

フランス語検定試験準1級の勉強時間は500時間以上程度となっています。4年制大学のフランス語専門課程卒業程度となっています。 1級は勉強時間600時間以上 2級は400時間以上で4年制大学・・・

レタリング技能検定 勉強時間

レタリング技能検定2級の勉強時間は300時間程度かなと考えています。1級は倍以上の800時間程度かかるのではないかと考えています。ちなみに3級は200時間、4級は100時間ほどかなと考えています。 ・・・

英検準1級 勉強時間

英検の勉強時間、学習時間は準2級で400時間、2級で500時間、準1級で700時間、1級で1000時間程度でしょうか。 中高生レベルの知識があり、かつ直近の級を所持していることが前提です。 ・・・