資格 勉強時間 ランキングのTOPに戻る
「資格 勉強時間 ランキング」トップ >  資格勉強時間・期間コラム > 最短勉強時間・期間で資格に合格するための勉強法


最短勉強時間・期間で資格に合格するための勉強法

最短勉強時間・期間で資格に合格するための勉強法とは?

 ‘罰悗枠鬚韻襦
◆.謄ストは最小限。
 余分な講座は受講しない。
ぁ‥案練習会、公開模擬試験は必ず受ける。
ァ.痢璽箸郎遒蕕覆ぁ
Αゞ貅衞簑蠅老り返し、得意な問題は多くやらない。
А”習重視。
─々膤兵圓里い覆ぅ璽漾κ拔会には参加しない。
 明確な動機を持つ。
 期限を守る。

以下で詳しく解説します。

 ‘罰悗枠鬚韻襪海函

並以上の資格試験を受験するなら、独学は避けましょう。

ある程度の難関資格試験においては、「独学は毒学」だと言われています。

どの資格試験にも専門性があります。

一般人が本屋さんに並んでいる本を読んだだけで、基礎から理解するのは極めて困難です。

もし、できたとしても、膨大な時間がかかります。

タイム・イズ・マネーです。

実績の高い資格試験の学校には、多くの受験情報、受験技術、優秀な講師、質の良いテキスト、答案練習会、公開模擬試験等、最短合格を可能にしてくれるものが揃っています。

短期かつ確実に資格を取得したいなら、これを利用しない手はありませんよね。

難関資格試験に合格されている受験生のほとんどは、実績の高い資格学校を徹底利用して合格されています。

また、合格後の就職支援をしてくれる資格の学校もあります。


◆.謄ストは最小限(基本的に講義で配布されるテキストだけで十分)

講義で配布される資料やテキスト、問題集を徹底的に勉強すれば、試験に合格するための知識は身につきます。

合格実績の高い学校の基幹講座(基礎講座など)で渡されるテキストや問題集は講義と一緒に使い込めば、最高の教材になります。

それを時間のある限り、繰り返し、繰り返し、勉強をすることにより、知識は定着します。

それ以外の参考書や学術書は基本的に不要です。

最短で確実に合格するためには、テキストは最小限にして、他に手を伸ばさず、繰り返し使い込むことです。

ただ、問題集については講義で配られたもの以外に手を伸ばしても良いでしょう。

もちろん、講座で配られた問題集を繰り返し潰しても、なお時間が余った場合のみ、その他の問題集に手を伸ばしましょう。

ちなみに、「資格の大原」では、テキスト、問題集、復習用問題集、答案練習会、公開模擬試験、そのた受験情報誌など、合格に必要なすべての情報を提供してくれるので、「資格の大原」のフルコースで勉強される方は、他のテキストや問題集等は不要です。

 余分な講座は受講しない。

各資格試験の予備校で開講している「初心者向けフルコース」受講すれば、基本的に他の講座は不要です。

時間の無駄ですし、お金も無駄です。

他の講座を受ける時間があれば、今までの講義や答案練習会の復習に時間を使った方がよいです。

実績の高い学校のフルコースを受講しても合格しない受験生は、講義を受けただけで満足し、地道な自習(復習)を嫌う傾向にあります。

地道な復習はつまらないので、他校の講座へ手を伸ばして、無駄な情報をどんどん増やしてしまい、長期受験生になっていくのです。

私はそういう受験生を多く見てきました。

余分な講座を受講せず、地道な自習(講義や答案練習会の復習等)をした受験生が短期合格を果すのです。

ぁ‥案練習会、公開模擬試験は必ず受ける(復習とシミュレーションのため)

講義を受けただけでは実際に身についたか分かりません。

基礎講座の後に実施される答案練習会や本試験直前に実施される公開模擬試験を積極的に受験してください。

自分の弱点が分かりますし、本試験のシミュレーションにもなります。

短期合格を果される受験生はみな積極的に答案練習会や公開模擬試験を利用します。

なお、公開模擬試験なら、フルコース以外の公開模擬試験を受験しても良いでしょう。

ァ.痢璽箸郎遒蕕覆(弱点ノート・目次ノート以外のノートは作らない)

時間の無駄です。

ノートは作らないようにしましょう。

テキストや問題集に書き込みをして、それを繰り返し勉強すれば十分です。

ただ、例外として、中上級受験生の弱点ノート(箇条書きで十分)と全体を見渡すことができる目次ノートは有用です。

単に知識をまとめたノートは不要です。

Αゞ貅衞簑蠅老り返し、得意な問題は多くやらない。

繰り返し勉強すべきところは、理解が不十分なところ、弱点問題です。

受験勉強とは、得意なところを伸ばすことではなく、弱点を可能な限り潰していくことです。

得意な問題ばかり解いて自己満足しても仕方ありません。

何度解いても間違ってしまう問題や何度読んでも理解できないところを繰り返し勉強してください。

得意な問題やところは、油断をしない限り、間違うことはありません。

「過去問を5回解け」「3回解け」などと受験界では言われていますが、間違いです。

正解は、「得意な問題は1,2回で十分」、「苦手な問題はできるようになるまで解け」です。

弱点を潰していく作業が受験勉強です。

だから受験勉強は辛いのです。

それから逃げずに立ち向かった受験生のみ、合格できるのです。

А”習重視(講義を聴いて満足しない、基本的に講義の予習は不要)

短期合格者は、実績の高い資格予備校の「基幹講座(基礎講座など)、答案練習会、公開模擬試験」の復習と予習を徹底的に勉強して、他に手を広げていない方ばかりです。

旧司法試験に短期合格した私の2人の友人もそうでした。

一番重要な勉強は、「基幹講座の復習」です。

講義を受けて満足してしまう受験生は絶対短期合格できません。

講義の内容が自分の血や肉になるまで復習することが短期合格の第一歩です。

基幹講座の復習に過去問を利用するとさらに充実した復習になるでしょう。

はじめは解けなくても良いです。

基幹講座の予習は不要です。

逆に、答案練習会や公開模擬試験では、必ず予習は必要です。

答案練習会や公開模擬試験で悪い点は取りたくありませんから必死に勉強をすることでしょう。

明確な目標があって勉強をするので、集中力が出てくるので記憶力も増します。

答案練習会を受ける目的は、まさにそこにあるのです。

答案練習会の点数よりも答案練習会の前の予習に意味があります。

なお、答案練習会や公開模擬試験の復習もしっかりやりましょう。

─々膤兵圓里い覆ぅ璽漾κ拔会には参加しない。

基本的に資格試験の勉強とは、講義、答案練習会、公開模擬試験、それらの予習・復習です。

それ以外の勉強会・ゼミなどは基本的に不要です。

ただ、合格者がリーダーになる勉強会・ゼミは有効です。

できれば直近の合格者の勉強会・ゼミが良いでしょう。

逆に、合格者が入らない受講生だけの勉強会・ゼミは不要です。

切磋琢磨する間柄なら良いのですが、足を引っ張り合いする場合の方が多いです。

「資格の大原」などのサポートシステムがしっかりしている予備校には、いつも専任講師や合格者がいますから、分からないことがあったり、不安になったら、いつでも質問できる環境にあります。

講義の休み時間や終わった後、専任講師に質問をぶつけてもよいでしょう。

それらのサポートシステムを有効活用すれば、基本的に勉強会など不要です。

基本的に資格試験の勉強とは、講義、答案練習会、公開模擬試験、それらの予習・復習です。

無駄な勉強を徹底的に省くことが短期合格の秘訣です。

 明確な動機を持つ。

なぜその資格に合格しなければならないのか?

自分でしっかり資格試験をやらなければならない動機を持ちましょう。

「公認会計士になって監査法人で活躍する!」

「行政書士になって新しい分野を開拓する資格起業家になる!」

とも関連しますが、明確な目標をしっかり持つことは極めて重要です。

資格試験は長丁場です。あまり成績が上がらない時期もあります。

そういうときに「明確な動機」を持っていると不安やプレッシャーに負けずに続けることができます。

「みんながやっているからなんとなくはじめた・・・」「明確な動機などない・・・」そういう方は途中で挫折します!

明確な動機なら何でもよいです。

明確な動機を机の前、手帳、教科書等に書き出しておくのも良いでしょう。

 期限を決めること。

「2年で公認会計士試験に合格する!」「3年で税理士試験に合格する!」など、しっかりと期限を決めることです。

私の友人(当時27歳の女性)は、「30歳までに旧司法試験に合格する!」と明確に期限を決めて、見事30歳で合格しました。

相性の合う学校を見つけ徹底的に勉強して、2回目で旧司法試験に合格しました。

しかも、高給のシステムエンジニアの仕事をしながら旧司法試験に合格しました。

しっかりと「期限を決めること」は極めて重要です。

期限内に合格するためには、使える勉強時間も決まってきます。無駄な講座を受講する時間も、無駄なテキストを買って勉強する時間も、独学でダラダラ勉強する時間もありません。それが集中力を引き出すことになります。

忙しい社会人の方でもしっかりと期限を決めて集中的に勉強すれば、難関国家試験を2〜3年で合格することも十分可能です。

以上の10要件をしっかり守って、最後まで諦めず頑張れば、必ず目標の資格に合格できます!

でも、勝負は合格後です。くれぐれも受験中、お体を壊さないようにしてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

日本で行われている語学の検定

日本で行われている語学の検定は、アラビア語・イタリア語・インドネシア語・英語・オランダ語・韓国語・スペイン語・タイ語・中国語・ドイツ語・フランス語・ポルトガル語・ロシア語などがあります。 検定の・・・

一番勉強時間のかかる資格

司法書士・公認会計士・弁理士・不動産鑑定士・国家公務員1種・ロースクール、一番勉強時間のかかる資格はどれなのか? 司法書士試験は択一試験で試験科目が11科目、しかも民法・民訴法・商法など民事系の・・・

メンタルカウンセラー 勉強時間

メンタルカウンセラーになるためにはどのような道があるのか。メンタルカウンセラーはある協会や団体の定められた受講カリキュラムを行っていき、その後認定試験を受講することで、認定されることができれば無事に認・・・

資格や検定の紹介

資格や検定の資格や検定の紹介をします。国家資格、公務員、国際資格、趣味講座、法律、会計、不動産、語学、IT資格などをすべて紹介します。太文字は管理人注目のオススメ資格です。 やはり今後は国際系の・・・

勉強時間3000時間の資格

勉強時間3000時間以上の資格で、このサイトで紹介しているのは公認会計士と司法書士と弁理士の3つでしょう。 3資格に共通しているのは、難易度も高く、合格率も低く、合格の難しい資格です。 ま・・・

資格試験に合格するまでの勉強時間の計算方法

勉強時間の計算方法 資格試験に合格するまでの勉強時間の計算方法 実績の高い学校の基幹講座・答案練習会・公開模擬試験を利用したケース。 1 基幹講座の講義回数×1回の講義時間×2 (講・・・

独学と予備校

資格試験を受験するなら独学が良いか?予備校が良いか? ズバリ!初学者なら「予備校」が良く、一通り予備校のフルコースを受講した方なら独学が良いです。 難易度の高い資格なら当然予備校は必要不可・・・

東京 法律資格スクール エル・エー(L・A)

資格スクールのエル・エー(L・A)、おそらくこのサイトを見に来た方の多くは、この学校の存在を知らなかったはずです。 大きな宣伝もせず、たしかに有名な学校とはいえないので、知名度がないというのはい・・・

勉強時間と勉強期間

勉強時間と勉強期間はあくまで目安です。ここでいう勉強時間と勉強期間も参考程度と考えてください。ただこの資格はこれくらいの勉強時間と勉強期間がかかりますという目安としてはこんな感じになっています。 ・・・

今後どんな資格を取りたいか

資格に興味を持っている人は、今後どのような資格を取得したいのか。その資格や検定試験をランキング化してみました。49資格を紹介していきますが、今回は49位、下の方から紹介していきたいと考えています。この・・・