資格 勉強時間 ランキングのTOPに戻る


独学と予備校

資格試験を受験するなら独学が良いか?予備校が良いか?

ズバリ!初学者なら「予備校」が良く、一通り予備校のフルコースを受講した方なら独学が良いです。

難易度の高い資格なら当然予備校は必要不可欠ですが、難易度の低い資格でも、全くのゼロなら「予備校」を利用した方が良いです。

独学は毒学と言って、時間的なロス、のみならず、誤った理解をするおそれがあるため、おすすめできません。

予備校は、膨大な試験範囲を合理的な範囲に絞ってくれるし、その範囲を分かりやすく丁寧に教えてくれます。

また、予備校では、優秀な講師やスタッフが研究に研究を重ね、出題傾向に沿った講義、テキスト、演習、模擬試験を提供してくれます。

もはや予備校なくして短期一発合格はないと言っても過言ではありません。

独学者は、予備校がやってくれることをすべて自分でやらなければいけません。

それはかなりの時間を要します。

難関資格なら数千時間のロス、普通のレベルの資格でも数百時間のロスを覚悟しないといけません。

時間のロスだけではなく、合格すらできない場合も多いです。

例えば、国家試験の宅建、ゼロから予備校で徹底的に学べば、半年以内で一発合格することも可能ですが、独学では、2、3回不合格を繰り返す受験生も大勢います。

なぜ、独学では短期合格できないのか?

独学では、なかなか試験範囲を絞れないこと、専門知識の理解が甘いこと、自分に合格体験がないので、合格のイメージができずに勉強していることなどが挙げられます。

宅建は500時間で合格できる試験ですが、それは予備校などで正しい勉強を知ってやっての時間です。

全くのゼロから独学で闇雲に勉強をはじめても500時間では合格できません。

では、簿記3級レベルならどうか?

それでも予備校を利用した方が良いでしょう。

簿記3級は2級、1級、税理士等の前提となる知識を学ぶためとても重要な時期です。

簿記3級の勉強で嫌なイメージを作ってしまったり、手間取ってしまってはとても残念です。

何事もはじめが肝心です。

はじめに良い印象を持つか、悪い印象を持つかで、その後の展開が大きく変わってきます。

全くゼロからスタートして、簿記3級⇒2級⇒1級⇒税理士や公認会計士まで短期突っ走る受験生も多くいます。

そういう受験生は、簿記3級や2級の勉強中に簿記の勉強に良い印象を持ち、合格により自信も付け、さらに上位資格へ興味を持ち、上位資格も合格する・・良い方向に行きます。

難易度の低い資格でも、上位資格の基礎になっているので、その後の展開を考えると、難易度の低い資格でも予備校を利用して確実に勉強して合格されると良いでしょう。

ただ、予備校は合理的に「利用」するところであり、「依存」してはいけません。

講義を聴いたら、自分の血や肉になるまでしっかり復習(自習)をしましょう。

予備校に通っても不合格を繰り返す受験生は、予備校に「依存」している場合がほとんどです。

なので、一通りフルコースの講義を聴いたら、後は独学へ切り替えましょう。

初学者は予備校のフルコースを利用して、復習中心の自習と演習を繰り返して一気に合格まで突っ走ってください。

その際、余計な講義を受講したり、余計な参考書を買わないでください。

実績の高い予備校のフルコース(入門講義、基礎講義、発展講義、演習、模擬試験など)をしっかり消化していけば、かなりの実力がつきます。

かえって、他の講義や参考書まで手を広げると失敗することが多いです。

受験経験者で、今まで独学のみで勉強をされてきた方も思い切ってフルコースを受講して、初学者と一緒に勉強しても良いでしょう。

意外にも基礎的なところが抜け落ちていることに気づかれることでしょう。

以上から、「独学は避ける、手を広げない、依存しない」それが短期一発合格を目指す受験生の注意点です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

日本で行われている語学の検定

日本で行われている語学の検定は、アラビア語・イタリア語・インドネシア語・英語・オランダ語・韓国語・スペイン語・タイ語・中国語・ドイツ語・フランス語・ポルトガル語・ロシア語などがあります。 検定の・・・

一番勉強時間のかかる資格

司法書士・公認会計士・弁理士・不動産鑑定士・国家公務員1種・ロースクール、一番勉強時間のかかる資格はどれなのか? 司法書士試験は択一試験で試験科目が11科目、しかも民法・民訴法・商法など民事系の・・・

メンタルカウンセラー 勉強時間

メンタルカウンセラーになるためにはどのような道があるのか。メンタルカウンセラーはある協会や団体の定められた受講カリキュラムを行っていき、その後認定試験を受講することで、認定されることができれば無事に認・・・

資格や検定の紹介

資格や検定の資格や検定の紹介をします。国家資格、公務員、国際資格、趣味講座、法律、会計、不動産、語学、IT資格などをすべて紹介します。太文字は管理人注目のオススメ資格です。 やはり今後は国際系の・・・

最短勉強時間・期間で資格に合格するための勉強法

最短勉強時間・期間で資格に合格するための勉強法とは?  ‘罰悗枠鬚韻襦 ◆.謄ストは最小限。  余分な講座は受講しない。 ぁ‥案練習会、公開模擬試験は必ず受ける。 ァ.痢璽箸郎遏ΑΑ

勉強時間3000時間の資格

勉強時間3000時間以上の資格で、このサイトで紹介しているのは公認会計士と司法書士と弁理士の3つでしょう。 3資格に共通しているのは、難易度も高く、合格率も低く、合格の難しい資格です。 ま・・・

資格試験に合格するまでの勉強時間の計算方法

勉強時間の計算方法 資格試験に合格するまでの勉強時間の計算方法 実績の高い学校の基幹講座・答案練習会・公開模擬試験を利用したケース。 1 基幹講座の講義回数×1回の講義時間×2 (講・・・

東京 法律資格スクール エル・エー(L・A)

資格スクールのエル・エー(L・A)、おそらくこのサイトを見に来た方の多くは、この学校の存在を知らなかったはずです。 大きな宣伝もせず、たしかに有名な学校とはいえないので、知名度がないというのはい・・・

勉強時間と勉強期間

勉強時間と勉強期間はあくまで目安です。ここでいう勉強時間と勉強期間も参考程度と考えてください。ただこの資格はこれくらいの勉強時間と勉強期間がかかりますという目安としてはこんな感じになっています。 ・・・

今後どんな資格を取りたいか

資格に興味を持っている人は、今後どのような資格を取得したいのか。その資格や検定試験をランキング化してみました。49資格を紹介していきますが、今回は49位、下の方から紹介していきたいと考えています。この・・・