資格 勉強時間 ランキングのTOPに戻る
「資格 勉強時間 ランキング」トップ >  狙い目資格 > 公認内部監査人(CIA) 勉強時間


公認内部監査人(CIA) 勉強時間

公認内部監査人(CIA) 勉強時間

公認内部監査人(CIA)試験に合格するまでに必要な勉強時間は、500時間程度です。

500時間とは、学校の講義や模擬試験等を省いた自習の時間です。

学校の講義や模擬試験等を加えると600時間程度です。

勉強期間は6ヶ月程度です。

今後難易度が上がれば、1年程度かかる試験ですが、まだ今なら実績の高い公認内部監査人講座を利用して短期集中学習をすれば、1科目1ヶ月+α程度で合格可能です。

CIA試験は最短で4ヶ月、普通に行けば半年程度の勉強で十分合格レベルへ達することが可能でしょう。

公認内部監査人(CIA)は、やり方次第で短期合格が可能ですし、しかも、グローバル社会で注目される将来性大の有望資格です。

当サイト狙い目資格、かつ、おすすめ資格がこの公認内部監査人(CIA)です。

講義時間と自宅学習時間を合わせても600時間程度ですので、1ヶ月100時間程度の勉強時間を確保できれば、半年程度で合格できるでしょう。

もっとも、以下で紹介する科目の内容を見る限り、かなり広範かつ専門知識が問われるので、難易度の高い試験です。

また、簿記や宅建のように独習用の問題集や参考書・テキストなどもあまり揃っておらず、かつ、最新の受験情報が入りにくい状況ですので、独学で合格することは極めて困難といえます。

公認内部監査人(CIA)試験科目

Part I ガバナンス、リスク、コントロールにおける内部監査の役割
A.IIA属性基準の遵守
B.内部監査業務の優先順位付けのためにリスクベースの計画策定
C.組織のガバナンスにおける内部監査部門の役割の理解
D.内部監査のその他の役割と責任
E.ガバナンス、リスク、コントロールに関する知識
F.監査計画

Part II 内部監査の実施
A.監査の実施
B.個別業務の実施
C.監査結果のモニタリング
D.不正の知識
E.監査ツール

Part III ビジネス分析と情報技術(IT)
A.ビジネスプロセス
B.財務会計と財務
C.管理会計
D.規制、法律、経済
E.情報技術(IT)

Part IV ビジネス・マネジメント・スキル
A.戦略的マネジメント
B.グローバルビジネス環境
C.組織行動
D.マネジメント・スキル
E.交渉

公認内部監査人(CIA)試験は、以上の4科目から構成される「科目合格制」です。

問題文は日本語、問題内容は世界共通です。

公認内部監査人(CIA)試験は、極めて専門性の高い試験内容ですので、独学で教科書を読んでも深い理解はできないでしょう。

試験形式は択一式で素直な出題ですが、極めて専門性の高い知識が問われるので、実績の高い学校で噛み砕いて教えてもらい、理解すると良いでしょう。

内容が分からず暗記中心の勉強では、合格できないばかりか、勉強しててもつまらないですからね。

公認内部監査人(CIA)試験短期合格のコツは、数少ない公認内部監査人(CIA)試験の講座や答案練習会を実施している学校で、適正な受験最新情報の入手、分かりやすい講義を受講、分かりやすい参考書、的中率の高い問題集や答案練習会を徹底活用することです。

短期合格を果されている合格者の方は、土・日に集中的に講義や答案練習会を受講し、平日にしっかり自宅で復習と問題演習をして、1科目1ヶ月+αで合格レベルまで引き上げています。

合格率

各パート40%程度です。一気に合格する方も10%程度いるようです。

科目合格制なので、1科目ずつ合格していけば、さほど困難な試験ではありません。

ただ、1科目1ヶ月〜2ヶ月程度の勉強で合格できるように頑張ってください。

勝負は合格後の仕事ですから、試験に勉強期間を長くかけてはいけません。

将来性

希少価値の有望な資格です。

当サイト一番の狙い目資格&おすすめ資格です。

資格を活かして働いている人がもっとも多い資格がこのCIA資格といえます。

世の中には、経営のプロはいても、コントロールのプロはなかなかいません。

公認内部監査人(CIA)はコントロールのプロです。

公認内部監査人(CIA)資格は、内部統制に対する経営陣の高まりから今後ますます脚光を浴び、一目置かれる存在になることでしょう。

また、内部監査部門が社長直轄の部署として位置づけられている会社も多く、成果が会社の経営に直結するため、やり甲斐も大きい仕事です。

先進的な企業では、公認内部監査人(CIA)資格の取得を推奨しています。

ただ、資格取得者が増えてしまうと価値が薄れていきますので、いち早く資格を取得し、実務で活躍してください。

そうすれば、あなたは先進企業で求められている「コントロールのプロ」になれることでしょう。

公認内部監査人(CIA)試験対策

最短かつ確実に合格するためには、実績の高い学校を徹底的に利用して勉強すると良いでしょう。

現在、1科目1ヶ月〜2ヶ月程度の短期間で合格している方のほとんどは、実績の高い学校を徹底的に利用して合格しています。

また、公認内部監査人(CIA)試験は、宅建や簿記などのメジャーな資格と異なり、受験情報も少ないのが現状です。

公認内部監査人(CIA)試験は、宅建や簿記などのメジャー資格よりはるかに独学では合格しにくい試験です。

頭の良さや記憶力の良さ、才能や能力よりも、的確な受験指導を受け、しっかりと最新の受験情報を入手できるか否かで合否が決まる試験です。

現在、公認内部監査人(CIA)試験対策の講座を開講している学校は非常に少なく、私の知る限り、合格者を輩出している実績のある学校は、日本で2学校しかありません。

アビダスという国際資格専門の学校とTACという大手資格学校の2学校です。

最終的には両校を比べて、自分と相性の合う学校を選ぶことになるでしょう。

ちなみに、私のおすすめの学校は、アビタスです。CIA資格やUSCPA資格、CISA資格、米国弁護士資格など国際資格のリーダー的な存在の学校となっています。

アビタスは忙しい社会人のために講座内容をピンポイントでまとめています。講座の回数も多くはありません。ただその内容な高度で濃密、授業内容を何度も復習するだけで、早い方であれば半年程度で合格ラインに来る方もいます。

また日本の簿記1級や税理士・公認会計士などを合格もしくはある程度勉強した方であれば、共通点と相違点を知ることができれば、より早く合格にこぎつけることができます。

日本の試験のように落とすことを目的としていないので、しっかりと勉強すれば早い段階で合格できるレベルに来るはずです。

現にアビタスの受験生は各科目の平均受験回数が1.3回前後、3人に2人程度が1回で科目合格をしていることになります。4科目を同時に受かる必要はありませんが、多くの方が1発合格をしていると思われます。本気で合格したいというレベルの高い受験生が多いということにもなりそうです。

またアビタスは八重洲と新宿・大阪の3か所しかなく、どこもしっかりとした建物となっています。優秀な受験生のために少しでもいい環境で勉強をしてほしいという配慮を感じます。

またCIA資格は、もっとも資格を取得した人が、取得後も生かしている割合がもっとも高い資格と言われています。日経キャリアの統計ですが、資格取得者の94%もの方が、CIA資格を実務界で生かしているというとんでもないデータが出ました。94です。ほとんどの方といえます。すごい数字です。

合格すれば資格を生かせるんです。大きなアドバンテージです。やらない手はありません。ちなみに2位も同じ国際資格のUSCPAとなっています。その2つが群を抜いています。ですから今後の注目にCIA資格は入ると考えています。取得するならCIA資格ぐらいしかないなと言えるくらいの資格です。

ということなので、まずはアビタスの無料資料請求をしてみることをオススメします。資料にはCIA資格の魅力と今後の可能性、アビタスのスクールの魅力、資格取得するための具体的な受験戦略、関連資格の紹介、合格体験記、講座の紹介などが紹介してあります。

この資料は無料で取得することができます。CIA試験を目指す方であれば、できるだけ早くこの情報に触れておくことをお勧めします。さらに受講を希望の方は無料のセミナー予約をしてみてもいいでしょう。本場の学習環境を味わうことのできるまたとないチャンスといえます。行けばワクワク感が出てきて、勉強するんだという気持ちが出てくるはずです。

「資料請求ではなく、一気に受講をしたい」という方は、直接アビタスから直接無料セミナーの予約を申し込むこともできます。これも下記のリンクから行うことができます。

という感じです。アビタスのCIA試験の資料の請求方法ですが、まず下記のリンクをクリックしてください。右上の方にある無料セミナー予約をクリックし、資料請求もしくは授業見学申し込みのどちらかをクリック、氏名や住所・メルアド・見学の方は希望の学校名などを記入、確認して送信します。すると資料もしくは無料受講の用紙があなたの手元に届くはずです。

こちらから⇒アビタスの公認内部監査人コース



公認内部監査人(CIA)資格は、内部統制に対する経営陣の高まりから今後ますます脚光を浴び、一目置かれる存在になることでしょう。

当サイト一番の狙い目資格&おすすめ資格です。

先進的な企業では、公認内部監査人(CIA)資格の取得を推奨しています。

ただ、資格取得者が増えてしまうと価値が薄れていきますので、いち早く資格を取得し、実務で活躍してください。

まずは、最新の受験情報を入手することからはじめましょう。

最新の受験情報を入手するなら、アビタスの無料の資料を請求しておくことが最も適していると見ています。

CIA試験に合格し、今現在最も求められている「内部監査・コントロールのプロ」になってほしいです。

将来が楽しみですね。

こちらから⇒アビタスの公認内部監査人コース



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

DCプランナー 勉強時間

DCプランナー 勉強時間 DCプランナー2級の勉強時間は300時間、1級はさらに200時間で500時間程度です。 また勉強期間は2級で4カ月程度、1級で6カ月程度で行けるはずです。 ・・・