資格 勉強時間 ランキングのTOPに戻る


証券アナリスト 勉強時間

証券アナリスト 勉強時間

証券アナリストに合格するまでに要する「勉強時間」

証券アナリスト試験の標準勉強時間は2000時間程度です。

2000時間とは、受験要件の1次レベル・2次レベル協会通信教育講座の時間を含めた勉強時間です。

証券アナリスト試験は、(1次レベル・2次レベル)2回の通信教育を受講しないと受験資格を与えられません。要件が厳しいです。

協会通信教育講座の申込みが受験の絶対条件になります。

証券アナリストの試験科目

(1次試験) 証券分析とポートフォリオ・マネージメント、財務分析、経済

1次試験は、マークシート形式で行われます。

(2次試験) 証券分析とポートフォリオ、コーポレートファイナンスと企業分析、市場と経済の分析、職業倫理・行為基準

2次試験は、記述式の応用問題中心、計算問題も出題されます。

証券アナリストの検定試験は、試験科目からも分かるように広範かつ専門的な内容です。

しかも、2次試験では、記述式の応用問題が出題されるため、専門知識のみならず、専門知識の理解力と記述力も問われます。ただ通信講座を受けることができるので、勉強はしやすいですね。

証券アナリスト検定試験は、難易度の高い試験だと言えます。

協会の通信教育以外に、実績の高い証券アナリスト講座を開講している学校を利用して受験に臨むと良いでしょう。

証券アナリスト検定試験に独学で臨むのは、タイム・イズ・マネーの時代に逆行しています。

より早く、より確実に合格されたい方は、合格実績の高い証券アナリスト講座を利用すると良いでしょう。

証券アナリストに合格するまでに要する「勉強期間」

標準勉強期間は2年以上です。

協会の通信教育を、1次レベル(8ヶ月間)、2次レベル(9ヶ月間)受講することを義務付けされているため、最短でも2年程度はかかります。

不合格を繰り返せば、3年、4年とかかります。

また、科目合格、1次試験合格にも期限がありますので、協会の通信教育の再受講、1次試験の再試験を受けないといけない場合もあるのでご注意ください。

なので、より早く、より確実に合格されたい方は、合格実績の高い証券アナリスト講座を利用すると良いでしょう。

合格実績の高い証券アナリスト講座を利用するメリットは、試験範囲を合理的な範囲に絞ってもらえること、専門知識を分かりやすく噛み砕いて教えてもらえることです。

分かりやすいテキストで分かりやすく教えてもらえるので、協会の通信教育だけでは理解できなかった苦手分野の理解に役に立ちます。

独学では何ヶ月勉強しても理解できなかったところが、学校で教えてもらったら、わずか数分〜数十分で理解できたという場合も多々あります。

さらに、的中率の高いオリジナルテキストや問題集を配ってくれますし、的中率の高い問題演習(答案練習会)や公開模擬試験も実施してくれます。

解答力が弱い受験生も自然に強くなるようなカリキュラムとなっています。

また、直前に本試験と全く同じ形式・同じ時間帯で、公開模擬試験を実施してくれますので、本試験を疑似体験できます。

合格実績の高い学校で「ここまでやれば大丈夫!」と言われるぐらいまで徹底的に問題演習等を積んで本番に臨めば、不安や緊張も緩和され、自信を持って試験会場に向かえることでしょう。

実力的にも精神的にも優位になって試験会場に向かうことができるでしょう。

長年証券アナリストの試験勉強を続けるのは、経済的、精神的、就職・転職等にも厳しくなるので、必ず短期で合格できるようにしてください。

これから証券アナリストの勉強以外にやらなくてはいけないことが山ほどあるはずです。

試験勉強よりも現場の実務が重要な世界です。

証券アナリストの知識ゼロの方でも、必ず、1次試験・2次試験共に一発合格を目指してくださいね。

証券アナリストの将来性

証券アナリストの主な仕事とは?

セクターアナリスト(株式公開企業の現状を調査・分析して、その将来像と株価の先行きを予測するアナリスト)

クオンツアナリスト(株式、債券などに対する投資判断を、統計学などの定量的手法に基づき分析しているアナリスト)

ファンドマネージャー(ファンドにどの銘柄をどの程度組み入れるか、どの銘柄をどのタイミングで、そしてどの価格で売るか、買うかを決定する仕事)

クレジットアナリスト(投資戦略を設計する立案者)

IR(企業が株主や投資家に対し、投資判断に必要な情報を適時、公平、継続して提供する活動)

証券アナリスト(CMA)の活躍の場

証券会社のみならず、銀行、メーカー、生保・損保会社、不動産会社、シンクタンク、IRなどで活躍が期待されています。

将来性大の当サイトおすすめ資格のひとつです。

投資・財務運用部門の業務をされている方や投資分析や企業分析のノウハウを身につけたいの方のみならず、金融業界に興味のある大学生・社会人の方にもおすすめの資格です。

会社の運命を左右するような重要な仕事に就くこともあります。

大学生・社会人の方に「今が旬」のおすすめ資格です。

証券アナリスト試験の合格率

証券アナリスト試験の合格率は、1次試験が45〜48%程度、2次試験が35〜38%程度です。

合格率が比較的高くても、受験生のレベルも高いので、それなりの準備をして臨まないと最短の2年合格はできません。

なので、実績の高い受験予備校や通信教育等でしっかり勉強をしないと最短の2年合格は厳しいでしょう。

現にゼロから最短で1次・2次試験に合格された受験生は、実績の高い学校の通学講義や通信教育、模擬試験等を利用しています。

「証券アナリストの合格体験記」は以下で紹介する「資格の学校TAC」の「証券アナリスト、新パンフレット」(無料)に紹介されています。

合格体験記を無料で読むことができます。

証券アナリスト試験最短合格の秘訣が分かるので大変参考になります。

独学と予備校学習の比較

証券アナリストを独学で勉強するのは非効率です。

もちろん、独学でも合格は可能ですが、時間的ロスが大きいです。

大幅な勉強時間の短縮に繋がりますので、実績の高い学校の通学講義や通信教育を合理的に活用してください。

証券アナリスト合格は単なる通過点に過ぎないので、時間をかけずに最短の2年合格を目指してください。

当サイトをご覧のあなたは、最短の勉強時間・期間で証券アナリストに合格したいとお考えだと思いますので、独学は避けましょう。

ゼロから最短勉強時間で合格を目指すなら、実績の高い学校の通学講義や通信教育の基礎講座、模擬試験の受講をおすすめします。

基礎講座をペースメーカーにして自習(復習)することが最短合格の秘訣です。

今後一切、教材選びや講座選びに悩む必要がなくなります。

それだけでも多くの時間を節約できます。

ただ、注意すべき点は、講座を受講しただけで満足せず、講座の内容が自分の血や肉になるまで復習をすることです。

「勉強時間」のほとんどは、講義の復習に当ててください。

また、証券アナリストにおいては、多くの問題演習(アウトプット)をこなすことが重要です。

難解な応用問題の記述式対策を万全にすることができます。

証券アナリスト試験はやり方さえ間違えなければ、最短の2年で合格できる試験です。

逆に、やり方を間違えてしまうと、不合格を繰り返してしまいます。

証券アナリスト試験に多くの時間と期間をかけてしまっては、これからの人生設計に狂いが出てきます。

21世紀に勝ち抜くビジネスマンは、「地道な努力」と「自己投資」を怠りません。

では、どの証券アナリスト受験の予備校が良いのか?

まずは、実績の高い証券アナリストの学校を選ばないといけません。

その次に、自分と相性の合う学校・講師を見つけることになります。

各予備校の資料を取り寄せ、無料のガイダンスや無料の受験相談等を利用して、相性の合う学校・講師を見つけることになります。

個人的におすすめなのが資格の学校「TAC」です。

証券アナリスト指導で有名な学校なので、ご存知の方も多いことでしょう。

資格の学校「TAC」は、1990年の開講以来証券アナリストの育成に力を入れてきた学校です。

ある程度大きな書店の資格コーナーに行けば、「TAC」のあらゆる資格試験のテキストや問題集を目にすることでしょう。

「TAC」の教材開発能力は、他の学校を凌駕しています。

特に、「証券分析」のテキストは分かりやすく、悩める受験生にとってはバイブル的な存在です。

資格の学校「TAC」は、証券アナリストのみならず、公認会計士、税理士、公務員、中小企業診断士、社労士、行政書士、FP、宅建なでも実績の高い資格試験業界大手の学校です。

また、実際に「TAC」を見学してきましたが、学校の規模、施設、講師の質・数、サポート体制など、証券アナリスト講座を開講している学校の中では群を抜いています。

確実に最短2年合格を目指すなら、「TAC」の合理的なカリキュラムを活用して勉強されると良いでしょう。

特に、「TAC」の2次対策(総合本科生、速習本科生)を利用すると、難解な応用問題の記述式対策を万全にすることができます。

詳しくは「TAC」新パンフレットの「卓越した効率性を考えた必勝カリキュラム」のページをご覧ください。

「タイム・イズ・マネー(時は金なり)」という当サイトの趣旨に合致した効率的なカリキュラムとなっています。

「なるほど!これなら証券アナリストに最短で合格できる!」とご納得されるかと思います。

最短合格の秘訣が分かるTACの新パンフレットは「TAC公式HP」から簡単にご請求できます(無料)。

「TAC公式HP」⇒⇒TACの証券アナリスト総合本科生コースの資料請求

最短合格するための勉強時間・期間の計算とは?

「勉強時間」は、「講義時間」×2程度です。

「演習」の回数×5

「模擬試験」の回数×10

後は最後の総復習時間です。

まず、講義の復習に当てます。

次に、演習の予習や復習に当てます。

さらに、模擬試験の予習や復習に当てます。

協会の通信教育や講義時間と合わせても1500時間以内の勉強時間で合格可能です。

余裕を持って2000時間はとっておきましょう。

最短の2年、2000時間以内の勉強で確実に合格することが可能になります。

また、「TAC」では、本試験の的中率が高いテキストや問題集を利用して講義やテストを進めていくので、本試験ではほとんどおなじみの問題ばかりでしょう。

まさに至れり尽くせりのカリキュラムです。

独学の受験生や他校で勉強している受験生を一気に追い抜いてしまいましょう!

証券アナリスト試験は、正しい勉強をすれば、最短の2年で合格できる試験です。

証券アナリスト(CMA)の活躍の舞台は、今後、証券会社のみならず、銀行、メーカー、生保・損保会社、不動産会社、シンクタンク、IRなど、活躍の舞台は大きく広がっています。

その舞台であなたは、セクターアナリスト、クオンツアナリスト、ファンドマネージャー、クレジットアナリストなどのやりがいのある仕事をすることになります。

証券アナリスト(CMA)は、将来性大の当サイトおすすめ資格のひとつです。

証券アナリスト最短合格から人生を大きく拓きましょう!

「TAC」で証券アナリストに最短で合格された先輩方に続き、今度はあなたが一発合格する番です!

最短合格の秘訣が分かるTACの新パンフレットは「TAC公式HP」から簡単にご請求できます(無料)。

「TAC公式HP」⇒⇒資格の学校TAC<証券アナリスト>各種コース開講

証券アナリストは将来がとても楽しみですよね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

証券外務員 勉強時間

証券外務員 勉強時間 証券外務員二種試験の勉強時間は100時間程度。 勉強期間は1〜2ヶ月程度。 証券外務員一種試験の勉強時間は300時間程度。 勉強期間は3ヶ月〜4ヶ月程度。・・・