資格 勉強時間 ランキングのTOPに戻る


証券外務員 勉強時間

証券外務員 勉強時間

証券外務員二種試験の勉強時間は100時間程度。

勉強期間は1〜2ヶ月程度。

証券外務員一種試験の勉強時間は300時間程度。

勉強期間は3ヶ月〜4ヶ月程度。

スクールの通学講座や通信講座の時間数も含めた時間数です。

2006年以降、証券外務員試験の難易度は上昇しました。

証券外務員二種試験を一般に開放したことによる難易度上昇です。

もっとも、他のファイナンシャル系資格や法律・会計資格等と比べると難易度は低い資格です。

ファイナンシャル系資格のはじめの第一歩として将来有望な資格なので、証券外務員資格は、当サイトおすすめ資格のひとつです。

以下で解説するように、付け焼刃の暗記学習ではなく、将来を見据えた理解力重視の勉強をしていきましょう。

証券外務員一種試験は、一定の金融関係で仕事をしている役員・職員・採用予定者、かつ、二種証券外務員資格をお持ちの方に限られます。

まず、証券外務員二種試験から受験することになります。

証券外務員二種試験の科目

桔[瓠諸規則(証券取引法及び関係法令、投資信託及び投資法人に関する法律並びに関係法令、証券業協会定款・規則等、証券取引所定款・規則等)

蕎ι紛般(株式業務、債券業務、投資信託及び投資法人に関する業務、付随業務)

郡慙科目(証券市場の基礎知識、株式会社法概論、経済・金融・財政の常識、財務諸表と企業分析、証券税制、セールス業務)

証券外務員二種試験は、ストレートに広範な基礎知識を問う試験です。

書店等で証券外務員二種試験のテキストを見たことがあると思います。

分かりやすく図表やイラストの入ったテキストが多く見られますが、実際勉強をしてみるとなかなか理解しにくいと思います。

一般人が独学で勉強をはじめると、なかなか理解しにくい知識が多いため、暗記に走る可能性もあるので注意してください。

合格者のほとんどが暗記中心の勉強で合格しています。

証券外務員二種試験で勉強する内容は、証券外務員一種試験の基礎となる内容のみならず、AFP、CFP、証券アナリスト試験の基礎となる重要な内容なので、単なる合格を目指すべきではなく、理解を伴う知識を身につけないといけません。

証券外務員二種試験の合格だけを目指すのは、あまり意味がありません。

この業界を選ぶなら、証券外務員二種資格を取得した後に、証券外務員一種、AFP、CFP、証券アナリストなども取得し、その実務をこなし、ファイナンシャル関係のスペシャリストになることです。

日本には、本物のファイナンシャルスペシャリストは少ないです。

本物のファイナンシャルスペシャリストは、とても貴重な存在です。

証券外務員二種資格をいち早く取得し、すぐに次のステップへ行ってください。

そのためには、証券外務員二種試験の勉強時に「将来を見据えた勉強」をしないといけません。

「将来を見据えた勉強」とは?

暗記学習ではなく、しっかりと理解を伴う学習をすることです。

理解が伴っていない勉強なので、証券外務員二種試験は合格できても、理解力や応用力を問われる上位資格を受験するときに大変苦労します。

証券外務員二種資格を取得した方でも、理解を伴った勉強をしている方は意外に少ないです。

将来、ファイナンシャルのスペシャリストを目指されるあなたは、しっかりと理解を伴う勉強をして、暗記だけに頼る勉強はやめましょう。

暗記に頼らないしっかりと理解を伴う勉強をする方法とは?

証券外務員資格やCFP資格などのファイナンシャル知識を知り尽くしている方に噛み砕いて教えてもらい、証券外務員二種試験に出題される知識をひとつひとつ理解することです。

独学で暗記と演習を繰り返す勉強でも十分合格できる試験ですが、あえてそれをせず、通学・通信教育講座を利用し、基礎からしっかり教えてもらい、基礎から徹底理解して、合格を目指してください。

そうすれば、証券外務員一種試験を受験するときも、楽になりますし、将来、AFP、CFP、証券アナリストなどを受験するときもスムーズに勉強を開始することができます。

何事もはじめが肝心です。はじめに嫌なイメージを残してしまうと、後からその嫌なイメージを払拭するのは大変です。

独学では暗記中心のつまらない勉強になりがちな証券外務員二種試験の広範な知識を基礎から分かりやすく教えてもらえる講座を利用すると良いでしょう。

基礎から分かりやすく教えてもらえるので、知識の理解がしやすくなり、勉強がスムーズに進めることが可能になります。

その結果、嫌なイメージをもつことなく合格でき、次のステップへすすめることができます。

また、以下で紹介する資格の学校「TAC」の「二種外務員資格試験対策講座」を受講すれば、AFP、CFPに必要な継続教育単位の一部(7.5〜15単位)を取得できます。

まさに、一挙両得の講座です。

資格の学校「TAC」とは?

資格の学校「TAC」の教材開発能力は抜群です。

書店の資格コーナーに行けば、「TAC」のテキストや問題集を目にすると思います。

資格の学校「TAC」は、公認会計士試験や税理士試験、公務員試験の講座などでも高い実績を残している資格試験業界大手の学校なので、安心して勉強することができます。

長い間証券アナリスト育成に力を入れている学校で、ファイナンシャルのプロ育成に、特に力を入れている学校です。

これからファイナンシャル系の資格を取得していかれるなら、資格の学校「TAC」は外せないパートナーです。

証券外務員二種から「TAC」を利用してじっくり勉強していけば、一種合格は当たり前として、将来、AFP、CFP、証券アナリストにもスムーズに挑戦できることでしょう。

また、通学できない方でも、通学講座を収録した迫力のある講義をDVDにしてご自宅へ届けてくれるので、通学生同様、安心して受講できます。

サポート体制も万全なので、疑問点があれば、すぐに解決できるようになっています。

証券外務員二種試験の合格は当然として、さらに将来を見据えた勉強をすることにより、二種証券外務試験合格後もスムーズに次のステップへ行けます。

「TAC」の「二種外務員資格試験対策講座」を活用して、理解を伴う勉強と継続教育単位取得をしてください。

独学で勉強しているライバル達を一気に追い抜くことができます。

「二種外務員資格試験対策講座」の詳しい資料は以下の「TAC公式HP」から無料で簡単にご請求できます。

詳しい資料の請求は1回2つまでできますので、「証券外務員二種」と「証券外務員一種」両方の詳しい資料を請求しておけば、証券外務員一種・二種試験の合格情報は万全に揃います。資料は無料で請求することができます。

証券外務員の資格をとってスキルUP。仕事の幅も広がる!資格の学校TAC


「二種外務員資格試験対策講座」は全8回、1回2時間30分です。

的中率の高い模擬試験問題3回分も自宅学習用として配布されます。

また、講義で使用するテキストも「この1冊で十分」と言えるテキストです。

20時間程度の分かりやすい講義

40時間程度の自宅での復習

20時間程度の自宅での演習と総復習

講義時間を合わせても100時間以内で確実に1発合格できます。

平日2時間、休日5時間程度勉強できれば、5週間程度の勉強期間で合格できます。

しかも、次を見据えた勉強もしてますし、継続教育単位も取得できます。

ここで学んだ知識とテキストは、一種試験の核となるものです。

証券外務員二種取得から、将来、一種、AFP、CFP、証券アナリストなどを取得して、ファイナンシャル関係のエキスパートになってくださいね。

証券外務員二種資格をいち早く取得し、すぐに次のステップへ行ってください。

そのためには、証券外務員二種試験の勉強時に将来を見据えた勉強をしないといけません。

証券外務員二種から「TAC」を利用してじっくり勉強していけば、一種合格は当たり前として、将来、AFP、CFP、証券アナリストにもスムーズに勉強できることでしょう。

自分の力で人生を切り拓くことができます!

将来が楽しみですね。

「二種外務員資格試験対策講座」の詳しい資料は以下の「TAC公式HP」から無料で簡単にご請求できます。

証券外務員の資格をとってスキルUP。仕事の幅も広がる!資格の学校TAC


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

証券アナリスト 勉強時間

証券アナリスト 勉強時間 証券アナリストに合格するまでに要する「勉強時間」 証券アナリスト試験の標準勉強時間は2000時間程度です。 2000時間とは、受験要件の1次レベル・2次レベ・・・