英検準1級 勉強時間

英検の勉強時間、学習時間は準2級で400時間、2級で500時間、準1級で700時間、1級で1000時間程度でしょうか。

中高生レベルの知識があり、かつ直近の級を所持していることが前提です。

ゼロの人は合格することができません。下地があることが肝要です。

ただ2級程度までは誰でも合格できます。

でも、準1級以上となると、誰でも合格できる試験ではありません。2級と準1級のところに差があるかなといえます。

これが考えた結果、英検を取得するためのある程度学習時間の目安です。

勉強期間

英検の勉強期間も、上級を狙うとなるとやはりけっこうかかります。

準2級で5カ月程度、2級で8か月程度、準1級で12ヶ月程度、1級だと18か月程度でしょうか。

合格率
だいたい英検1級の合格率は8%程度、準1級の合格率は13%程度、2級の合格率は20%程度、準2級の合格率は35%程度です。

ランク

英検1級の合格率はなかなか高く、準1級はそこそこ高い、2級はまずまず、準2級は基本的といえます。一般人だと2級と準2級に壁があり、英語力にそこそこ自信のある人でも2級と準1級にある程度の壁があるようです。一流大学生の文学部の人だと準1級程度は取れるでしょう。

試験科目と得点
TOEICの試験科目はリスニングとライティングのマークシート形式があります。

英検準1級の場合は、1次でライティングは75分で41問程度で英作文あり、リスニングは30問で25分程度です。

先にライティング、後からリスニングを行うので、リスニングにすごく神経を使います。

素早い聞き取り能力が必要です。

あと2次の面接も神経を使います。問題は難しくないですが、緊張してしまうと解答がしどろもどろになるかもしれません。

英検準1級の試験日は1次が6月中旬、10月中旬、1月下旬の3回ほど、その間に発表があり、2次試験はその1ヶ月後くらいです。

英検を独学で行えるのは2級まで、準1級は微妙で、1級は難しいかもしれません。

学校に通ってもそんなにお金が多くなければできないということはありません。

独学がダメとまではいいませんが、準1級以上を目指す方はスクールの検討をおすすめします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カテゴリのトップへ
トップページへ
Copyright(c) 2009-2018 資格勉強時間ランキング